()紹介(しょうかい)

ナツメ

世界(せかい)(さん)(だい)美女(びじょ)食べ(たべ)たフルーツ

()自己(じこ)紹介(しょうかい)

(あき)になる実は(じつは)美容(びよう)健康(けんこう)によいとされ世界(せかい)多く(おおく)国々(くにぐに)食べ(たべ)られます。中国(ちゅうごく)では世界(せかい)(さん)(だい)美女(びじょ)言わ(いわ)れる楊貴妃(ようきひ)(ようきひ)が好ん(このん)食べ(たべ)たとも言わ(いわ)れています。
また葉っぱ(はっぱ)には特有(とくゆう)成分(せいぶん)含ま(ふくま)れていて、かむとしばらく甘味(あまみ)感じ(かんじ)にくくなります。

みんなの投稿(とうこう)

以下(いか)情報(じょうほう)は、関東(かんとう)地方(ちほう)基準(きじゅん)にしています。エリアによって1ヶ月(かげつ)くらいの()があります。

()(がた)

細い(ほそい)(えだ)をたくさん出し(だし)華奢(きゃしゃ)(きゃしゃ)な()見え(みえ)ますが、(たか)さ10mほどにもなります。

  • 茨城(いばらき)(けん)筑波(つくば)実験(じっけん)植物(しょくぶつ)(えん)/撮影(さつえい)MayaN/2020.9.16

()

()(なが)さは2-4cm。3(ほん)(みゃく)目立つ(めだつ)丸み(まるみ)のある葉っぱ(はっぱ)です。
ジジフィンという成分(せいぶん)含ま(ふくま)れていて、かむとしばらく甘味(あまみ)感じ(かんじ)にくくなります。

  • 千葉(ちば)(けん)袖ケ浦(そでがうら)()千葉(ちば)(けん)緑化(りょくか)推進(すいしん)拠点(きょてん)/撮影(さつえい)MayaN/2019.7.10

(はな)

葉っぱ(はっぱ)付け根(つけね)小さな(ちいさな)かわいい(はな)咲き(さき)ます。

  • よくみると真ん中(まんなか)からジワっと(みつ)()ている(はな)もある
    茨城(いばらき)(けん)筑波(つくば)実験(じっけん)植物(しょくぶつ)(えん)/撮影(さつえい)MayaN/2021.6.8

  • 中心(ちゅうしん)黄色(きいろ)(はな)もある。(時間(じかん)がたつと黄色い(きいろい)部分(ぶぶん)緑色(りょくしょく)変わる(かわる)
    茨城(いばらき)(けん)筑波(つくば)実験(じっけん)植物(しょくぶつ)(えん)/撮影(さつえい)MasakoT/2021.6.8

()

実は(じつは)ちょっと赤く(あかく)なったぐらいが甘く(あまく)食べごろ(たべごろ)真っ赤(まっか)になった実は(じつは)食べごろ(たべごろ)過ぎ(すぎ)ています。
美容(びよう)健康(けんこう)によいとされ、地中海(ちちゅうかい)沿岸(えんがん)から東アジア(ひがしあじあ)まで世界(せかい)多く(おおく)国々(くにぐに)食べ(たべ)られています。(なま)でも食べ(たべ)られますし、乾燥(かんそう)させた()もよく食べ(たべ)られます。

  • これぐらい赤く(あかく)なるときれいだが、食べごろ(たべごろ)過ぎ(すぎ)ている
    千葉(ちば)(けん)袖ケ浦(そでがうら)()千葉(ちば)(けん)緑化(りょくか)推進(すいしん)拠点(きょてん)/撮影(さつえい)EijiI/2019.11.1

  • これぐらいが食べごろ(たべごろ)
    埼玉(さいたま)(けん)川口(かわぐち)()見沼(みぬま)田んぼ(たんぼ)/撮影(さつえい)MayaN/2020.9.17

(みき)

たくさんの深い(ふかい)割れ目(われめ)入り(はいり)ます。トゲがあるので、触る(さわる)(とき)()をつけてください。

  • たくさんの割れ目(われめ)入っ(はいっ)(みき)
    千葉(ちば)()青葉(あおば)(もり)公園(こうえん)/撮影(さつえい)MasakoT/2020.11.15

  • トゲがあるので触る(さわる)ときは注意(ちゅうい)特に(とくに)(はな)()のついていない(えだ)のトゲは長い(ながい)です。
    千葉(ちば)(けん)袖ケ浦(そでがうら)()千葉(ちば)(けん)緑化(りょくか)推進(すいしん)拠点(きょてん)/撮影(さつえい)MayaN/2021.7.10

冬芽(とうが)

赤い(あかい)毛むくじゃら(けむくじゃら)冬芽(とうが)です。

  • くっきりとした落枝(こん)(らくしこん=(えだ)落ち(おち)(あと))に赤い(あかい)毛むくじゃら(けむくじゃら)冬芽(とうが)目立つ(めだつ)
    千葉(ちば)()青葉(あおば)(もり)公園(こうえん)/撮影(さつえい)MasakoT/2020.11.15

(ひと)との関わり(かかわり)

実は(じつは)利尿(りにょう)強壮(きょうそう)作用(さよう)があると言わ(いわ)れ、乾燥(かんそう)させた()(くすり)として用い(もちい)られます。韓国(かんこく)(くすり)(ぜん)料理(りょうり)のサムゲタンや杏仁(きょうにん)豆腐(とうふ)などにも入っ(はいっ)ています。
また木材(もくざい)は、彫刻(ちょうこく)などに使わ(つかわ)れます。

  • ドライフルーツにしたナツメの()程よい(ほどよい)(あま)さで、そのままでも美味しい(おいしい)
    撮影(さつえい)MayaN/2021.6.16

名前(なまえ)由来(ゆらい)

初夏(しょか)()出す(だす)ことからナツメと言わ(いわ)れれています。(実際(じっさい)にはそれほど芽出し(めだし)遅く(おそく)ないです。)

その他(そのた)情報(じょうほう)

お茶(おちゃ)道具(どうぐ)(なつめ)(なつめ)は、抹茶(まっちゃ)入れる(いれる)のに用いる(もちいる)茶器(ちゃき)
(かたち)がナツメの実に(じつに)()ているので名前(なまえ)がつきました。

  • 茶道具(ちゃどうぐ)(なつめ)(なつめ)は、美しい(うつくしい)装飾(そうしょく)施さ(ほどこさ)れたものが多い(おおい)
    撮影(さつえい)HarukoI/2021.6.15