ブルーベリー

食べ(たべ)美味しい(おいしい)()可愛い(かわいい)

特徴(とくちょう)

(きた)アメリカ原産(げんさん)のツツジ()スノキ(ぞく)(なん)種類(しゅるい)かの()が、 まとめて「ブルーベリー」と呼ば(よば)れています。
美味しい(おいしい)()ばかり注目(ちゅうもく)されがちですが、 じつは(はな)釣り鐘(つりがね)(がた)可愛らしく(かわいらしく)(あき)になると紅葉(こうよう)美しい(うつくしい)です。

みんなの投稿(とうこう)

以下(いか)情報(じょうほう)は、 関東(かんとう)地方(ちほう)基準(きじゅん)にしています。 エリアによって1ヶ月(かげつ)くらいの()があります。

()(がた)

(たか)さ1~3mになり、 日本(にっぽん)でも手軽(てがる)収穫(しゅうかく)でき、 (はな)紅葉(こうよう)美し(うつくし)さから家庭(かてい)(よう)果樹(かじゅ)として植え(うえ)られていることがあります。

  • (はたけ)(わき)植え(うえ)られたブルーベリー。 (たか)さ2mぐらい。
    写真(しゃしん) / 2022.5.9 栃木(とちぎ)(けん)那須(なす)(まち) MayaN

  • 校庭(こうてい)植え(うえ)られたブルーベリー
    写真(しゃしん) / 2021.11.3 埼玉(さいたま)(けん)川口(かわぐち)() MayaN

()

()(なが)さは3~7㎝ほどで楕円(だえん)(がた)です。 品種(ひんしゅ)にもよりますが暖かい(あたたかい)ところでは()落葉(らくよう)しないものもあります。

  • (ひょう)光沢(こうたく)がある。
    写真(しゃしん) / 2021.10.3 茨城(いばらき)(けん)つくば()筑波(つくば)実験(じっけん)植物(しょくぶつ)(えん) MayaN

  • ()(うら)
    写真(しゃしん) / 2021.10.3 茨城(いばらき)(けん)つくば()筑波(つくば)実験(じっけん)植物(しょくぶつ)(えん) MayaN

  • (あき)紅葉(こうよう)美しい(うつくしい)
    写真(しゃしん) / 2021.11.3 埼玉(さいたま)(けん)川口(かわぐち)() MayaN

(はな)

5~6(つき)白色(はくしょく)淡い(あわい)桃色(ももいろ)釣り鐘(つりがね)(がた)のかわいい(はな)咲かせ(さかせ)ます。 ピンク色(ぴんくいろ)少し(すこし)(あお)()入っ(はいっ)独特(どくとく)色合い(いろあい)です。

  • ブルーベリーの仲間(なかま)(スノキ(ぞく)独特(どくとく)色合い(いろあい)
    写真(しゃしん) / 2022.4.13 千葉(ちば)()美浜(みはま)() MayaN

()

実は(じつは)直径(ちょっけい)1㎝(ほど)で7~8(つき)(くろ)紫色(むらさきいろ)または鮮青(しょく)といわれる(いろ)熟し(じゅくし)ます。 品種(ひんしゅ)によっては異なり(ことなり)ますが適当(てきとう)酸味(さんみ)とほのかな甘み(あまみ)があり食用(しょくよう)です。

  • 写真(しゃしん) / 2020.7.28 千葉(ちば)(けん)袖ケ浦(そでがうら)() MayaN

  • 若い(わかい)()
    写真(しゃしん) / 2021.5.13 千葉(ちば)(けん)袖ケ浦(そでがうら)() MasakoT

  • 若い(わかい)()
    写真(しゃしん) / 2021.5.13 千葉(ちば)(けん)袖ケ浦(そでがうら)() MayaN

(みき)

(みき)は、 細く(ほそく)避け(さけ)ます。

  • 写真(しゃしん) / 2021.10.3 茨城(いばらき)(けん)つくば()筑波(つくば)実験(じっけん)植物(しょくぶつ)(えん) MayaN

冬芽(とうが)

赤く(あかく)てかわいい冬芽(とうが)

  • 写真(しゃしん) / 2022.3.17 千葉(ちば)()若葉(わかば)() MasakoT

  • 写真(しゃしん) / 2022.3.17 千葉(ちば)()若葉(わかば)() MasakoT

  • 写真(しゃしん) / 2022.3.17 千葉(ちば)()若葉(わかば)() MasakoT

(ひと)との関わり(かかわり)

生食(せいしょく)のほか、 ジャム、 ゼリー、 パイなどの食用(しょくよう)使用(しよう)されます。
品種(ひんしゅ)改良(かいりょう)進ん(すすん)でおりなかでもハイブッシュ(けい)やビットアイ(けい)有名(ゆうめい)です。

名前(なまえ)由来(ゆらい)

青い(あおい)(しる)()のある美味しい(おいしい)()がなることからブルーベリーと呼ば(よば)れます。
ツツジ()スノキ(ぞく)のうち、 北米(ほくべい)東北(とうほく)()において栽培(さいばい)されるようになったものをあわせて「ブルーベリー」といいます。

関わり(かかわり)深い(ふかい)生き物(いきもの)

(はな)にはハチ、 ハナアブなどがやって来(やってき)て、 受粉(じゅふん)手伝い(てつだい)をします。 (むし)たちのお陰(おかげ)で、 おいしい()食べる(たべる)ことができます。
実に(じつに)はヒヨドリ、 ムクドリなどいろいろな(とり)やって来(やってき)ます。