()紹介(しょうかい)

ウバメガシ

強風(きょうふう)耐える(たえる)ガラスよりも固い(かたい)(みき)

()自己(じこ)紹介(しょうかい)

自然(しぜん)では海岸(かいがん)近く(ちかく)(かぜ)強い(つよい)場所(ばしょ)にはえるドングリのなる()です。成長(せいちょう)がゆっくりで()低め(ひくめ)です。また(みき)大変(たいへん)硬く(かたく)て、その木材(もくざい)でガラスに(きず)がつくほど硬い(かたい)です。備長(すみ)材料(ざいりょう)としても知ら(しら)れています。

以下(いか)情報(じょうほう)は、関東(かんとう)地方(ちほう)基準(きじゅん)にしています。エリアによって1ヶ月(かげつ)くらいの()があります。

()(がた)

日本(にっぽん)のドングリのなる()(なか)では一番(いちばん)()低い(ひくい)()です。
街路(がいろ)(じゅ)(もり)(なか)では高木(たかぎ)になる()もあります。

  • のびのびと育っ(そだっ)たウバメガシ((うえ)栽)
    千葉(ちば)(けん)袖ケ浦(そでがうら)()/撮影(さつえい)EijiI/2005.2.28

  • 街路(がいろ)(じゅ)として植え(うえ)られたウバメガシ
    千葉(ちば)()美浜(みはま)()/撮影(さつえい)EijiI/2011.1.27

()

厚み(あつみ)があって光沢(こうたく)のある()です。新芽(しんめ)褐色(かっしょく)
(えん)には、まばらにギザギザがあります。

  • まばらにギザギザのある()
    千葉(ちば)(けん)袖ケ浦(そでがうら)()/撮影(さつえい)EijiI/2016.9.1

  • 新芽(しんめ)褐色(かっしょく)
    千葉(ちば)()美浜(みはま)()/撮影(さつえい)MayaN/2021.3.30

  • ()(えん)のギザギザが多い(おおい)()もある。((ぎゃく)にほとんどない()もある。)
    千葉(ちば)()美浜(みはま)()/撮影(さつえい)MayaN/2020.8.12

(はな)

雌花(めばな)赤く(あかく)小さく(ちいさく)目立ち(めだち)ません。(えだ)先端(せんたん)近く(ちかく)()付け根(つけね)咲き(さき)ます。
雄花(おばな)は、雌花(めばな)(した)につきます。つり下がっ(さがっ)たヒモのような(かたち)です。

  • 雄花(おばな)は、新しい(あたらしい)(えだ)(した)(ほう)咲く(さく)
    千葉(ちば)()美浜(みはま)()/撮影(さつえい)MayaN/2021.4.11

  • 赤い(あかい)(てん)のように見える(みえる)のが雌花(めばな)(えだ)先端(せんたん)近く(ちかく)()付け根(つけね)咲く(さく)
    千葉(ちば)()美浜(みはま)()/撮影(さつえい)MayaN/2020.4.28

()

(あき)にドングリが実り(みのり)ます。ドングリの帽子(ぼうし)は、薄く(うすく)てウロコのような模様(もよう)があります。
(はる)咲い(さい)(はな)は、翌年(よくねん)(あき)実り(みのり)ます。

  • ウロコ模様(もよう)帽子(ぼうし)のドングリ
    千葉(ちば)()美浜(みはま)()/撮影(さつえい)MayaN/2010.11.20

  • 未熟(みじゅく)なドングリ
    千葉(ちば)()美浜(みはま)()/撮影(さつえい)MayaN/2013.10.6

  • (はな)咲い(さい)半年(はんとし)以上(いじょう)たったドングリの赤ちゃん(あかちゃん)。また非常(ひじょう)小さい(ちいさい)
    千葉(ちば)()美浜(みはま)()/撮影(さつえい)MayaN/2019.12.11

(みき)

樹皮(じゅひ)は、深い(ふかい)裂け目(さけめ)がたくさん入り(はいり)ます。
(えだ)(みき)はとても硬く(かたく)、ガラスに(きず)がつくほどです。

  • 千葉(ちば)()美浜(みはま)()/撮影(さつえい)MayaN/2020.11.27

冬芽(とうが)

()(うろこ)(がりん=冬芽(とうが)をつつんでいる(かわ))が多く(おおく)、たくさんの(すじ)入っ(はいっ)たように見え(みえ)ます。

  • 東京(とうきょう)()小石川(こいしかわ)植物(しょくぶつ)(えん)/撮影(さつえい)MasakoT/2021.2.12

(ひと)との関わり(かかわり)

ウナギの蒲焼(かばやき)などに使わ(つかわ)れる備長(すみ)(びんちょうたん)は、紀伊(きい)(こく)田辺(たなべ)(いま)和歌山(わかやま)(けん)田辺(たなべ)())の商人(しょうにん)備中(びっちゅう)()(ちょう)左衛門(さえもん)(びっちゅうやちょうざえもん)がウバメガシを材料(ざいりょう)作り(つくり)販売(はんばい)始め(はじめ)たことから、この()がつきました。

  • 備長(すみ)(びんちょうたん)
    撮影(さつえい)PhotoACかずなり777

名前(なまえ)由来(ゆらい)

若芽(わかめ)褐色(かっしょく)茶色(ちゃいろ))であることから(うば)(老女(ろうじょ))の(いろ)見立て(みたて)てウバメ。(かし)(かし)の仲間(なかま)なのでウバメガシとなりました。

  • 褐色(かっしょく)若芽(わかめ)(いろ)名前(なまえ)由来(ゆらい)
    東京(とうきょう)()上野(うえの)恩賜(おんし)公園(こうえん)/撮影(さつえい)MasakoT/2021.3.30

その他(そのた)情報(じょうほう)

じつはウバメガシは、日本(にっぽん)のドングリの(なか)では、()(るい)をみない変わり者(かわりもの)です。
詳しく(くわしく)サカタのタネの園芸(えんげい)通信(つうしん)ー「東アジア(ひがしあじあ)植物(しょくぶつ)()ご覧(ごらん)ください。
※リンクをクリックすると外部(がいぶ)サイトに移動(いどう)します。
株式会社(かぶしきがいしゃ)サカタのタネ(さま)許可(きょか)をいただいてリンクを掲載(けいさい)しています。