()紹介(しょうかい)

クロチク

黒い(くろい)稈(かん)がおしゃれな(たけ)

()自己(じこ)紹介(しょうかい)

(たけ)(みき)のような部分(ぶぶん)を稈(かん)といいます。
クロチクの稈(かん)は黒く(くろく)てキリっとした見た目(みため)小さな(ちいさな)(にわ)のアクセントとして植え(うえ)られることが多く(おおく)あります。

()(がた)

マダケに()ていますが小ぶり(こぶり)です。

  • 埼玉(さいたま)(けん)川口(かわぐち)()/撮影(さつえい)YusokuK/2020‎(ねん)‎11‎(つき)‎30‎()

(みき)

稈(かん)は1(ねん)()緑色(りょくしょく)で2(ねん)()から黒く(くろく)なります。
(ふし)は2(りん)になっており、一つ(ひとつ)(ふし)から(えだ)が2(ほん)ずつ()ます。

  • 埼玉(さいたま)(けん)川口(かわぐち)()/撮影(さつえい)YusokuK/‎2020‎(ねん)‎11‎(つき)‎30‎()