ノリウツギ

(のり)煙管(きせる)になるアジサイの仲間(なかま)

特徴(とくちょう)

(えだ)からとれる粘液(ねんえき)和紙(わし)漉く(すく)ときに使う(つかう)(のり)として使っ(つかっ)たことから名前(なまえ)に「ノリ」とつきました。 ノリノキ、 ネバと呼ぶ(よぶ)地域(ちいき)もあります。 (なつ)から(あき)にかけてアジサイに()白い(しろい)(はな)咲き(さき)ます。

以下(いか)情報(じょうほう)は、 関東(かんとう)地方(ちほう)基準(きじゅん)にしています。 エリアによって1ヶ月(かげつ)くらいの()があります。

()(がた)

(たか)さ2~5m(ほど)大きく(おおきく)なります。 (かぶ)立ち(たち)(じょう)()(がた)になります。

  • (えだ)真直ぐ(まっすぐ)伸ばし(のばし)大き目(おおきめ)()をたくさん付ける(つける)
    写真(しゃしん) / 2022.6.16 茨城(いばらき)(けん)筑波(つくば)実験(じっけん)植物(しょくぶつ)(えん) htanaka

  • (なつ)から(あき)にかけて(えだ)(さき)白い(しろい)(はな)付ける(つける)
    写真(しゃしん) / 2021.7.25 栃木(とちぎ)(けん)那須(なす)平成(へいせい)(もり) MayaN

  • (やま)(はやし)(えん)明るい(あかるい)場所(ばしょ)(ところ)狭し(せまし)(あか)()のある(えだ)伸ばす(のばす)
    写真(しゃしん) / 2022.7.14 栃木(とちぎ)(けん)那須(なす)平成(へいせい)(もり) htanaka

  • 開け(あけ)場所(ばしょ)ではのびのびと枝葉(えだは)広げ(ひろげ)育つ(そだつ)
    写真(しゃしん) / 2022.8.6 栃木(とちぎ)(けん)那須(なす)(まち) MayaN

  • (なつ)から(あき)はピラミッドを形作る(かたちづくる)(はな)目立つ(めだつ)
    写真(しゃしん) / 2021.8.1 茨城(いばらき)(けん)筑波(つくば)(さん) htanaka

()

楕円(だえん)(がた)細かい(こまかい)ギザギザがありますが、 ()によって(かたち)にバラツキがあります。 対生(たいせい)付き(つき)、 3cm程度(ていど)(あか)()帯び(おび)長目(ながめ)葉柄(ようへい)特徴(とくちょう)です。

  • ()()ているヤマアジサイやタニウツギ(るい)比べ(くらべ)葉柄(ようへい)長い(ながい)
    写真(しゃしん) / 2022.7.12 茨城(いばらき)(けん)筑波(つくば)実験(じっけん)植物(しょくぶつ)(えん) htanaka

  • ()(うら)には(みゃく)沿い(ぞい)()がある
    写真(しゃしん) / 2022.7.10 茨城(いばらき)(けん)筑波(つくば)(さん) htanaka

  • 若い(わかい)()表面(ひょうめん)には()があるが、 次第に(しだいに)落ち(おち)無くなっ(なくなっ)ていく
    写真(しゃしん) / 2022.7.14 栃木(とちぎ)(けん)那須高原(なすこうげん)ビジターセンター htanaka

  • (あか)()有る(ある)葉柄(ようへい)(いち)か所(かしょ)に3(まい)()付く(つく)こともある
    写真(しゃしん) / 2022.6.16 茨城(いばらき)(けん)筑波(つくば)実験(じっけん)植物(しょくぶつ)(えん) htanaka

  • 根元(ねもと)(がわ)(はば)大きい(おおきい)葉っぱ(はっぱ)
    写真(しゃしん) / 2022.7.10 茨城(いばらき)(けん)筑波(つくば)(さん) htanaka

(はな)

(なつ)から(あき)にかけて(えだ)(さき)白い(しろい)(はな)咲き(さき)ます。 装飾(そうしょく)(はな)という目立つ(めだつ)「がく」を付け(つけ)(はな)と、 そうでない(はな)集まっ(あつまっ)てピラミッドの(かたち)作り(つくり)ます。
ライラックの(よう)香り(かおり)がします。

  • 装飾(そうしょく)(はな)小さな(ちいさな)両性(りょうせい)(はな)集まっ(あつまっ)てピラミッドの(かたち)作る(つくる)
    写真(しゃしん) / 2022.7.14 栃木(とちぎ)(けん)那須高原(なすこうげん)ビジターセンター htanaka

  • 大きな(おおきな)装飾(そうしょく)(はな)小さな(ちいさな)両性(りょうせい)(はな)場所(ばしょ)教え(おしえ)てくれる
    写真(しゃしん) / 2022.7.10 茨城(いばらき)(けん)筑波(つくば)(さん) htanaka

  • 小さな(ちいさな)両性(りょうせい)(はな)雄しべ(おしべ)は10()
    写真(しゃしん) / 2021.7.1 千葉(ちば)()若葉(わかば)()(いずみ)自然(しぜん)公園(こうえん) MasakoT

  • 装飾(そうしょく)(はな)外周(がいしゅう)疎ら(まばら)付く(つく)
    写真(しゃしん) / 2022.6.16 茨城(いばらき)(けん)筑波(つくば)実験(じっけん)植物(しょくぶつ)(えん) htanaka

  • 両性(りょうせい)(はな)直径(ちょっけい)7㎜程度(ていど)花びら(はなびら)4~5(まい)
    写真(しゃしん) / 2022.6.16 茨城(いばらき)(けん)筑波(つくば)実験(じっけん)植物(しょくぶつ)(えん) htanaka

  • ピラミッド(がた)(はな)全体(ぜんたい)(てき)付く(つく)
    写真(しゃしん) / 2021.7.25 栃木(とちぎ)(けん)那須(なす)平成(へいせい)(もり) MayaN

()

小さな(ちいさな)実は(じつは)(あき)熟し(じゅくし)茶色(ちゃいろ)赤褐色(せきかっしょく)になります。 装飾(そうしょく)(はな)茶色く(ちゃいろく)なって残り(のこり)ます。

  • 4~5㎜の楕円(だえん)(がた)()
    写真(しゃしん) / 庭木(にわき)図鑑(ずかん)植木(うえき)ペディア

  • 熟す(じゅくす)(まえ)実は(じつは)緑色(りょくしょく)
    写真(しゃしん) / 2022.10.19 栃木(とちぎ)(けん)那須高原(なすこうげん)ビジターセンター MayaN

  • ()(なか)(たね)(なが)さ3~4㎜の線形(せんけい)()(じょう)(つばさ)がある
    写真(しゃしん) / 2022.10.19 栃木(とちぎ)(けん)那須高原(なすこうげん)ビジターセンター MayaN

(みき)

(みき)灰色(はいいろ)がかった茶色(ちゃいろ)で、 (たて)裂け(さけ)薄く(うすく)はがれ落ち(おち)ます。
(えだ)(あか)()があります。

  • (たて)裂け目(さけめ)目立つ(めだつ)(みき)
    写真(しゃしん) / 2022.10.19 栃木(とちぎ)(けん)那須高原(なすこうげん)ビジターセンター MayaN

  • 苔むし(こけむし)(みき)でも(たて)裂け目(さけめ)目立つ(めだつ)
    写真(しゃしん) / 2021.7.25 栃木(とちぎ)(けん)那須(なす)平成(へいせい)(もり) MayaN

  • (えだ)()()(かわ)()多く(おおく)スベスベしている
    写真(しゃしん) / 2022.10.19 栃木(とちぎ)(けん)那須高原(なすこうげん)ビジターセンター MayaN

冬芽(とうが)

(さき)がとがった円錐(えんすい)(がた)()(えだ)(さき)より(した)()は、 背中合わせ(せなかあわせ)に2つ、 または3つ、 (えだ)にぐるりとつきます。 ()(こん)の維管(たば)(こん)は3つ。 お(かお)表情(ひょうじょう)はいろいろです。

  • 太め(ふとめ)(えだ)(はば)いっぱいの大き(おおき)さの()(こん)
    写真(しゃしん) / 2023.11.7 群馬(ぐんま)(けん)沼田(ぬまた)() Tamacha

  • (えだ)(さき)(した)()(こん)が3つある(えだ)
    写真(しゃしん) / 2021.3.7 東京(とうきょう)()文京(ぶんきょう)()小石川(こいしかわ)植物(しょくぶつ)(えん) MasakoT

  • 個性(こせい)(てき)なお(かお)見つかっ(みつかっ)たらラッキーかも⁉
    写真(しゃしん) / 2021.3.6 東京(とうきょう)()文京(ぶんきょう)() MasakoT

  • これはずいぶんと(よこ)細い(ほそい)(かお)
    写真(しゃしん) / 2021.3.6 東京(とうきょう)()文京(ぶんきょう)() MasakoT

  • ()少し(すこし)伸び(のび)てきた
    写真(しゃしん) / 2022.3.17 東京(とうきょう)()千代田(ちよだ)()(ひがし)御苑(ぎょえん) MasakoT

(ひと)との関わり(かかわり)

生活(せいかつ)(なか)様々(さまざま)場面(ばめん)活躍(かつやく)する()でした。
(えだ)(みず)浸し(ひたし)(かわ)内側(うちがわ)からぬめりのある粘液(ねんえき)をとり、 和紙(わし)漉く(すく)ときに使う(つかう)(のり)使い(つかい)ました。
(ざい)硬い(かたい)ので楊枝(ようじ)()(くぎ)、 かんじきの(つめ)などに使わ(つかわ)れました。
・アイヌの人々(ひとびと)は、 この()(えだ)(しん)部分(ぶぶん)熱し(ねっし)(てつ)(ぼう)取り除き(とりのぞき)煙草(たばこ)のキセルを作り(つくり)ました。 このキセルはサビタパイプと呼ば(よば)れます。

  • 樹皮(じゅひ)内側(うちがわ)のぬめりが(のり)として使わ(つかわ)れた
    写真(しゃしん) / トキ(PhotoLibrary)

名前(なまえ)由来(ゆらい)

ウツギの(はな)()ていることから「ウツギ」とつきました。 その(えだ)から和紙(わし)漉く(すく)ときに使う(つかう)(のり)をとったことから「ノリ」と名前(なまえ)につきました。
箱根(はこね)では老木(ろうぼく)を「ねば」と呼ん(よん)でいました。 東北(とうほく)北海道(ほっかいどう)ではサビタとも呼ば(よば)れます。

その他(そのた)情報(じょうほう)

品種(ひんしゅ)には(はな)(あか)()があるベニノリウツギや装飾(そうしょく)(はな)無い(ない)ヒダカノリウツギ、 変種(へんしゅ)には愛知(あいち)(けん)三河(みかわ)地方(ちほう)分布(ぶんぷ)する()()多い(おおい)ビロードノリウツギがあります。

  • 山梨(やまなし)(けん)(さん)園芸(えんげい)品種(ひんしゅ)’ふじさんアジサイ’
    写真(しゃしん) / 2023.7.1 山梨(やまなし)(けん)山梨(やまなし)() ReikoS