安行(あんぎょう)小学校(しょうがっこう)

イチョウ

地球(ちきゅう)(じょう)生き(いき)ている最も(もっとも)古い(ふるい)()一つ(ひとつ)

この()親友(しんゆう)登録(とうろく)

マイページの樹木(じゅもく)(ちょう)親友(しんゆう)マーク付き(つき)ます。

特徴(とくちょう)

現在(げんざい)地球(ちきゅう)(じょう)生き(いき)ている()(なか)一番(いちばん)古い(ふるい)()一つ(ひとつ)言わ(いわ)れています。 2(おく)(ねん)(まえ)恐竜(きょうりゅう)がいた時代(じだい)にも生き(いき)ていました。 人類(じんるい)歴史(れきし)の100(ばい)もの時間(じかん)をイチョウはほぼ(かたち)変え(かえ)生き(いき)てきたのです。 ()(かたち)精子(せいし)による受精(じゅせい)のしくみは独特(どくとく)で「生き(いき)化石(かせき)」と呼ば(よば)れています。
動画(どうが) : 西川(にしかわ)昭三(しょうぞう)先生(せんせい)お話(おはなし)

以下(いか)情報(じょうほう)は、 関東(かんとう)地方(ちほう)基準(きじゅん)にしています。 エリアによって1ヶ月(かげつ)くらいの()があります。

()(がた)

全国(ぜんこく)大きな(おおきな)()沢山(たくさん)みられます。 (あき)黄葉(こうよう)(こうよう)がきれいです。 (ゆう)()(めす)()があります。 (ゆう)()はすっと(えだ)(うえ)伸ばし(のばし)(めす)()(えだ)(した)広げる(ひろげる)()(がた)となるという(せつ)があります。

  • (あき)黄葉(こうよう)(こうよう)
    写真(しゃしん) / EijiI

  • 有名(ゆうめい)神宮(じんぐう)外苑(がいえん)のイチョウは、 剪定(せんてい)されて面白い(おもしろい)(かたち)になっている
    写真(しゃしん) / MayaN

()

(おうぎ)(おうぎ)のような(かたち)()多い(おおい)ですが、 色々(いろいろ)(かたち)()があります。
細胞(さいぼう)分裂(ぶんれつ)して()大きく(おおきく)いしてる領域(りょういき)一般(いっぱん)(てき)木の葉(このは)場合(ばあい)()基部(きぶ)にあるのに対し(にたいし)、 イチョウの()(さき)のほうにあります。 このため、 ()(かたち)多様(たよう)になります。

  • 色々(いろいろ)(かたち)()がある
    写真(しゃしん) / YukiSano

  • ()についている()様子(ようす)
    写真(しゃしん) / MayaN

(はな)

雌花(めばな)(めす)()に、 雄花(おばな)(ゆう)()につきます。 雌花(めばな)小さく(ちいさく)目立ち(めだち)ません。 雄花(おばな)(なが)さ2cmほどです。 花粉(かふん)雄しべ(おしべ)から(かぜ)によって雌しべ(めしべ)運ば(はこば)れます。

  • 花びら(はなびら)やがく(へん)のない、 小さな(ちいさな)雌花(めばな)
    写真(しゃしん) / 大作(たいさく)晃一(こういち)

  • 花びら(はなびら)やがく(へん)のない雄花(おばな)
    写真(しゃしん) / MayanN

  • らせん(じょう)についた雄花(おばな)から()花粉(かふん)は、 (かぜ)によって雌花(めばな)へと運ば(はこば)れる
    写真(しゃしん) / 大作(たいさく)晃一(こういち)

()

種子(しゅし)銀杏(いちょう)(ぎんなん)と呼ば(よば)れます。 内側(うちがわ)硬い(かたい)部分(ぶぶん)食べ(たべ)られますが、 外側(そとがわ)(かわ)独特(どくとく)のくさ~い匂い(におい)がします。 近年(きんねん)植え(うえ)られた街路(がいろ)(じゅ)などは、 ほとんどが()()(おぎ)で銀杏(いちょう)はなりません。

  • たわわに実る(みのる)銀杏(いちょう)(ぎんなん)
    写真(しゃしん) / EijiI

  • 地面(じめん)落ち(おち)銀杏(いちょう)はすごく臭い(くさい)
    写真(しゃしん) / MayaN

  • 臭い(くさい)(かわ)をとると(なか)固い(かたい)部分(ぶぶん)があり、 それを割る(われる)食べ(たべ)られる部分(ぶぶん)()てくる
    写真(しゃしん) / MayaN

(みき)(えだ)

(みき)には、 大木(たいぼく)になると深い(ふかい)しわが入り(はいり)ます。 (みき)外側(そとがわ)(かわ)厚い(あつい)コルク(しつ)で、 押す(おす)弾力(だんりょく)があります。 燃え(もえ)にくく、 (だい)火事(かじ)(のち)残る(のこる)ことが多々(たた)あります。

  • 老木(ろうぼく)樹皮(じゅひ)はコルク(しつ)厚み(あつみ)がある
    写真(しゃしん) / MayaN

  • (とし)をとった()(えだ)には(ちち)垂れ(たれ)(ちだれ)と呼ば(よば)れる突起(とっき)()られるときもある
    写真(しゃしん) / MayaN

冬芽(とうが)()(こん)

冬芽(とうが)半球(はんきゅう)(がた)で、 ()(うろこ)は5(まい)くらいあります。 (えだ)(みき)、 ひこばえなどによって()様子(ようす)違い(ちがい)ます。 つぶらな(ひとみ)でこっちを()ている()(こん)のお(かお)もいろいろです。

  • 丸く(まるく)大きな(おおきな)帽子(ぼうし)(なか)に、 新しい(あたらしい)葉っぱ(はっぱ)(はな)入っ(はいっ)ています。
    写真(しゃしん) / Tamacha

  • 細い(ほそい)(えだ)にはおさげ(かみ)()が。
    写真(しゃしん) / Tamacha

  • 太め(ふとめ)のひこばえには、 長い(ながい)(かみ)のおさげの()が。
    写真(しゃしん) / Tamacha

  • (みき)から()ていた()がとれると、 (あたま)寄せ(よせ)合う(あう)小さい(ちいさい)()たちが。
    写真(しゃしん) / Tamacha

名前(なまえ)由来(ゆらい)

()(いち)(まい)ずつなので「一葉(いちよう)(いちよう)」、 これが「イチョウ」になったという(せつ)があります。 またカモの(あし)(あし)を中国(ちゅうごく)()で「イーチャオ」と言い(いい)、 それが「イチョウ」になったという(せつ)もあります。

性格(せいかく)

古い(ふるい)時代(じだい)から生き(いき)ているので、 やってることが時々(ときどき)理解(りかい)不能(ふのう)不思議(ふしぎ)ちゃんです。
街路(がいろ)(じゅ)では防火(ぼうか)として植え(うえ)られるイチョウ。 過酷(かこく)剪定(せんてい)や、 乾い(かわい)ていて踏ま(ふま)れて固く(かたく)なった()耐え(たえ)ます。 でもなにより苦手(にがて)なのは加湿(かしつ)()です。 (いけ)のそばの湿地(しっち)や、 水はけ(みずはけ)悪い(わるい)場所(ばしょ)お手上げ(おてあげ)のようです。

  • (いけ)のそばで、 (みず)がたまる()元気(げんき)のないイチョウ
    写真(しゃしん) / minaei

  • 根元(ねもと)(みず)がたまり、 結局(けっきょく)イチョウは枯れ(かれ)ました
    写真(しゃしん) / minaei

体験(たいけん)遊び(あそび)

(あき)黄色く(きいろく)なったイチョウの()で、 キツネを作っ(つくっ)てみましょう。 ()に2か所(かしょ)切れ込み(きれこみ)入れ(いれ)()折り曲げ(おりまげ)、 そのまま()()にさします。 (みみ)になる部分(ぶぶん)をキツネのように切り(きり)()描く(えがく)とかわいいキツネの出来上がり(できあがり)(みみ)切ら(きら)ずにそのままにして、 ()丸く(まるく)描く(えがく)とウサギにもなります。

  • 落ち葉(おちば)作る(つくる)キツネ
    写真(しゃしん) / minaei

関わり(かかわり)深い(ふかい)生き物(いきもの)

草食(そうしょく)恐竜(きょうりゅう)()銀杏(いちょう))を食べ(たべ)ていたという(せつ)もあります。
タヌキはギンナンが好物(こうぶつ)。 ためフンからイチョウが芽生える(めばえる)ことがあります。

タップすると詳細(しょうさい)()られます

執筆(しっぴつ)協力(きょうりょく) : 「性格(せいかく)」「体験(たいけん)遊び(あそび)岩谷(いわたに)美苗(みな) 執筆(しっぴつ)

安行(あんぎょう)小学校(しょうがっこう) 基本(きほん)情報(じょうほう)