()紹介(しょうかい)

ウラジロモミ

日本(にっぽん)でクリスマスツリーとして使わ(つかわ)れる()一つ(ひとつ)

()自己(じこ)紹介(しょうかい)

日本(にっぽん)でクリスマスツリーとしてよく使わ(つかわ)れている()です。自然(しぜん)では標高(ひょうこう)1000m以上(いじょう)場所(ばしょ)生え(はえ)ます。

みんなの投稿(とうこう)

以下(いか)情報(じょうほう)は、関東(かんとう)地方(ちほう)基準(きじゅん)にしています。エリアによって1ヶ月(かげつ)くらいの()があります。

()(がた)

大きく(おおきく)成長(せいちょう)すると、まさにクリスマスの絵本(えほん)()てくるモミの()(かたち)になります。

  • 徳島(とくしま)(けん)神山(かみやま)(まち)/撮影(さつえい)MayaN/2020.9.16

()

()(うら)白い(しろい)気孔(きこう)(せん)目立ち(めだち)(みどり)(しろ)(しま)模様(もよう)見え(みえ)ます。()握っ(にぎっ)てもいたくありません。

  • 握っ(にぎっ)ても痛く(いたく)はない
    茨城(いばらき)(けん)筑波(つくば)実験(じっけん)植物(しょくぶつ)(えん)/撮影(さつえい)MayaN/2020.9.16

  • ()(うら)白い(しろい)(せん)入り(はいり)白っぽく(しろっぽく)見える(みえる)
    茨城(いばらき)(けん)筑波(つくば)実験(じっけん)植物(しょくぶつ)(えん)/撮影(さつえい)MayaN/2020.9.16

()

細長い(ほそながい)松ぼっくり(まつぼっくり)のような()ができます。完全(かんぜん)熟す(じゅくす)とバラバラになります。(しん)部分(ぶぶん)長い(ながい)間木(まぎ)残り(のこり)ます。

  • 松ぼっくり(まつぼっくり)はメタリックな紫色(むらさきいろ)
    撮影(さつえい)庭木(にわき)図鑑(ずかん)植木(うえき)ペディア

(みき)

老木(ろうぼく)樹皮(じゅひ)細かく(こまかく)はがれてきます。

  • 細かく(こまかく)裂け(さけ)てきた老木(ろうぼく)樹皮(じゅひ)
    茨城(いばらき)(けん)つくば()筑波(つくば)実験(じっけん)植物(しょくぶつ)(えん)/撮影(さつえい)MayaN/2020.9.16

名前(なまえ)由来(ゆらい)

ウラジロは()(うら)白っぽい(しろっぽい)ことからきています。モミは(むかし)から(かみ)()とされていたため「(しん)()」(おみのき、(かみ)仕える(つかえる)という()という意味(いみ))→モミノキと呼ば(よば)れるようになったと言わ(いわ)れています。