()紹介(しょうかい)

シャクナゲ太陽(たいよう)

(やま)北国(きたぐに)(はな)だったシャクナゲが身近(みぢか)に!

()自己(じこ)紹介(しょうかい)

シャクナゲはふつう涼しい(すずしい)ところで育ち(そだち)ますが、この‘太陽(たいよう)’という種類(しゅるい)はずばぬけて(あつ)さに強い(つよい)種類(しゅるい)で、(まち)(ちゅう)でも見る(みる)ことができます。(はる)鮮やか(あざやか)濃い(こい)ピンク色(ぴんくいろ)(はな)をたくさん咲かせ(さかせ)ます。

みんなの投稿(とうこう)

以下(いか)情報(じょうほう)は、関東(かんとう)地方(ちほう)基準(きじゅん)にしています。エリアによって1ヶ月(かげつ)くらいの()があります。

()(がた)

広い(ひろい)ところで育てる(そだてる)大きく(おおきく)成長(せいちょう)します。

  • (はな)時期(じき)()全体(ぜんたい)赤く(あかく)染まる(そまる)
    茨城(いばらき)(けん)筑波(つくば)実験(じっけん)植物(しょくぶつ)(えん)/撮影(さつえい)ろん/2021.4.11

  • (はな)のない時期(じき)姿(すがた)
    茨城(いばらき)(けん)筑波(つくば)実験(じっけん)植物(しょくぶつ)(えん)/撮影(さつえい)MayaN/2020.11.17

()

()厚み(あつみ)があります。()(うら)(うす)緑色(りょくしょく)です。

  • ()のおもて
    茨城(いばらき)(けん)筑波(つくば)実験(じっけん)植物(しょくぶつ)(えん)/撮影(さつえい)MayaN/2021.6.8

  • ()のうら
    茨城(いばらき)(けん)筑波(つくば)実験(じっけん)植物(しょくぶつ)(えん)/撮影(さつえい)MayaN/2021.6.8

(はな)

大きく(おおきく)鮮やか(あざやか)(はな)見ごたえ(みごたえ)があります。

  • (いち)()にたくさんの(はな)咲い(さい)てとても華やか(はなやか)
    撮影(さつえい)筑波(つくば)実験(じっけん)植物(しょくぶつ)(えん)

  • 咲き(さき)終わり(おわり)少し(すこし)(いろ)薄く(うすく)なる
    茨城(いばらき)(けん)筑波(つくば)実験(じっけん)植物(しょくぶつ)(えん)/撮影(さつえい)セダム/2021.4.24

()

      その他(そのた)情報(じょうほう)

      シャクナゲの野生(やせい)(しゅ)元々(もともと)ヒマラヤと中国(ちゅうごく)高山(こうざん)北国(きたぐに)涼しい(すずしい)地域(ちいき)中心(ちゅうしん)自生(じせい)しており、(あつ)さに弱く(よわく)日本(にっぽん)平野(へいや)()育てる(そだてる)のが困難(こんなん)でした。ところが、日本(にっぽん)和田(わだ)(ひろし)一郎(いちろう)()作っ(つくっ)た‘太陽(たいよう)’は、イタリアやインドの暑い(あつい)地域(ちいき)生える(はえる)(おや)持ち(もち)、ずばぬけて(あつ)さに強い(つよい)品種(ひんしゅ)となりました。