イシガケチョウ

石垣(いしがき)のような模様(もよう)のチョウ

  • 模様(もよう)独特(どくとく)。しっぽのような()(じょう)突起(とっき)がある。
    2016.10.6 / 徳島(とくしま)() / 撮影(さつえい) MasakoT

  • メス。薄い(うすい)黄色(きいろ)
    2016.10.6 / 徳島(とくしま)() / 撮影(さつえい) MasakoT

  • 幼虫(ようちゅう)(みどり)(からだ)に、りっぱなツノやトゲがある。
    2018.7.23 / 徳島(とくしま)() / 撮影(さつえい) MasakoT

  • 幼虫(ようちゅう)(かお)悪魔(あくま)っぽい?
    2018.7.23 / 徳島(とくしま)() / 撮影(さつえい) MasakoT

  • (とう)幼虫(ようちゅう)食事(しょくじ)(ちゅう)特徴(とくちょう)(てき)食べ(たべ)あと。
    2018.7.23 / 徳島(とくしま)() / 撮影(さつえい) MasakoT

  • (さなぎ)。はねの模様(もよう)がすけており、もうすぐ羽化(うか)しそう。(した)(あたま)
    2016.10.4 / 徳島(とくしま)() / 撮影(さつえい) MasakoT

イシガケチョウの特徴(とくちょう)

はねの黒い(くろい)すじを石垣(いしがき)(いし)(がけ)見立て(みたて)て、イシガケチョウと名づけ(なづけ)られました。イシガキチョウとも呼ば(よば)れます。ひらひらと紙切れ(かみきれ)舞う(まう)ように飛び(とび)、はねを開い(ひらい)てとまります。南方(なんぽう)(けい)のチョウですが、分布(ぶんぷ)(きた)広げ(ひろげ)ています。(MT)
  
大き(おおき)さ:開張(かいちょう)45~55mm
食べ物(たべもの)幼虫(ようちゅう)はイヌビワ、イチジクなどの() 成虫(せいちゅう)(はな)(みつ)など
成虫(せいちゅう)()られる時期(じき):4~11(つき)(成虫(せいちゅう)越冬(えっとう))
分布(ぶんぷ)本州(ほんしゅう)(近畿(きんき)以西(いせい))、四国(しこく)九州(きゅうしゅう)南西諸島(なんせいしょとう)

正確(せいかく)(たね)判定(はんてい)は、形態(けいたい)細部(さいぶ)まで見る(みる)必要(ひつよう)があります。​