イチモンジハムシ

黒い(くろい)(てん)がイチモンジに並ぶ(ならぶ)、ずんくりしたハムシ

  • ボテっとした体型(たいけい)
    徳島(とくしま)() / 撮影(さつえい) MasakoT / 2017.4.14

  • 黄色い(きいろい)(むね)黒い(くろい)(てん)目立つ(めだつ)
    徳島(とくしま)() / 撮影(さつえい) MasakoT / 2018.4.17

イチモンジハムシの特徴(とくちょう)

(ぜん)ばねは(くろ)(むね)黄色(きいろ)で4()黒点(こくてん)一文字(ひともじ)並び(ならび)、その(した)にも1()黒点(こくてん)があります。ずんぐりした体型(たいけい)をしています。
   
大き(おおき)さ:体長(たいちょう)7~8mm
食べ物(たべもの)幼虫(ようちゅう)成虫(せいちゅう)もイヌビワ、イタビカズラ、オオイタビなどの()
成虫(せいちゅう)()られる時期(じき):4~11(つき)(成虫(せいちゅう)越冬(えっとう))
分布(ぶんぷ)本州(ほんしゅう)四国(しこく)九州(きゅうしゅう)