アオメアブ

(みどり)()美しい(うつくしい)最強(さいきょう)のハンター

  • 緑色(りょくしょく)複眼(ふくがん)美しい(うつくしい)
    千葉(ちば)(けん)習志野(ならしの)() / 撮影(さつえい) MasakoT / 2020.8.24

  • あしは黒色(こくしょく)ですねは()褐色(かっしょく)
    千葉(ちば)(けん)習志野(ならしの)() / 撮影(さつえい) MasakoT / 2019.7.10

アオメアブの特徴(とくちょう)

美しい(うつくしい)緑色(りょくしょく)複眼(ふくがん)をもったムシヒキアブ。複眼(ふくがん)(いろ)は、(ひかり)当たり(あたり)(かた)赤色(あかいろ)緑色(りょくしょく)変化(へんか)します。飛ん(とん)でいる大型(おおがた)昆虫(こんちゅう)をおそい、体液(たいえき)吸い(すい)ます。(くさ)はらや(はやし)周辺(しゅうへん)()られます。通常(つうじょう)(ひと)刺す(さす)ことはありません。
 
大き(おおき)さ:体長(たいちょう)20~29mm
食べ物(たべもの)幼虫(ようちゅう)甲虫(かぶとむし)幼虫(ようちゅう)など 成虫(せいちゅう)甲虫(かぶとむし)やハエ、アブなど昆虫(こんちゅう)(るい)体液(たいえき)
成虫(せいちゅう)()られる時期(じき):5~10(つき)
分布(ぶんぷ)全国(ぜんこく)