ハラビロトンボ

ずんぐりむっくり!小さな(ちいさな)トンボ

  • メス。メスの(ほう)腹部(ふくぶ)(はば)広い(ひろい)
    千葉(ちば)()花見川(はなみがわ)() / 撮影(さつえい) YoshiakiK / 2021.4.20

  • オスは成熟(せいじゅく)すると青白い(あおじろい)(こな)をおびる。
    千葉(ちば)()花見川(はなみがわ)() / 撮影(さつえい) MasakoT / 2020.6.27

  • オスの(ほう)腹部(ふくぶ)がやや細い(ほそい)
    千葉(ちば)()花見川(はなみがわ)() / 撮影(さつえい) MasakoT / 2021.5.23

  • (かお)(まえ)(あお)紫色(むらさきいろ)輝く(かがやく)
    成熟(せいじゅく)するにつれて、オスは黒く(くろく)なる。
    千葉(ちば)()花見川(はなみがわ)() / 撮影(さつえい) MasakoT / 2021.5.23

  • 羽化(うか)したばかりのオス。黄色く(きいろく)メスのよう。
    千葉(ちば)()花見川(はなみがわ)() / 撮影(さつえい) MasakoT / 2016.5.12

ハラビロトンボの特徴(とくちょう)

オス、メスともに腹部(ふくぶ)(はば)広い(ひろい)小型(こがた)のトンボ。オスは成熟(せいじゅく)すると青白い(あおじろい)(こな)をふき、メスは黄色(きいろ)黒い(くろい)(せん)入っ(はいっ)ています。水生(すいせい)植物(しょくぶつ)生える(はえる)湿地(しっち)田んぼ(たんぼ)周辺(しゅうへん)()られます。(MT)
 
大き(おおき)さ:体長(たいちょう)32~42mm
食べ物(たべもの)昆虫(こんちゅう)など
成虫(せいちゅう)()られる時期(じき):4~9(つき)
分布(ぶんぷ)北海道(ほっかいどう)本州(ほんしゅう)四国(しこく)九州(きゅうしゅう)