キバネハサミムシ

(やま)多い(おおい)はねが黄色い(きいろい)ハサミムシ

  • はさみがふと短い(みじかい)タイプ。
    2022.9.29 / 長野(ながの)(けん)諏訪(すわ)(ぐん) / 撮影(さつえい) MasakoT

  • (くり)のイガの(なか)にいる。
    2022.9.22 / 長野(ながの)(けん)諏訪(すわ)(ぐん) / 撮影(さつえい) MasakoT

  • はさみが細長い(ほそながい)タイプ。
    2016.8.12 / 山梨(やまなし)(けん)甲州(こうしゅう)() / 撮影(さつえい) MasakoT

  • はさみが細長い(ほそながい)タイプ。
    2017.7.17 / 東京(とうきょう)()八王子(はちおうじ)() / 撮影(さつえい) MasakoT

キバネハサミムシの特徴(とくちょう)

(からだ)赤褐色(せきかっしょく)で、(ぜん)ばねが黄色(きいろ)っぽい山地(さんち)(せい)のクヌギハサミムシの仲間(なかま)。はさみが細長い(ほそながい)タイプとふと短い(みじかい)タイプがいます。(はな)にもよくやって来(やってき)ます。メスは(たまご)産ん(うん)(のち)ふ化(ふか)するまで(たまご)守り(まもり)続け(つづけ)ます。(MT)
 
大き(おおき)さ:体長(たいちょう)12~20mm
食べ物(たべもの)雑食(ざっしょく)(せい)(小さい(ちいさい)(むし)花粉(かふん)など)
成虫(せいちゅう)()られる時期(じき):4~10(つき)
分布(ぶんぷ)北海道(ほっかいどう)本州(ほんしゅう)

正確(せいかく)(たね)判定(はんてい)は、形態(けいたい)細部(さいぶ)まで見る(みる)必要(ひつよう)があります。​