ヤツボシツツハムシ

黄色い(きいろい)ボディが美しい(うつくしい)ツツハムシ

  • (ぜん)ばねに黒い(くろい)(もん)が8()
    写真(しゃしん) / 2023.5.2 東京(とうきょう)()八王子(はちおうじ)() MasakoT

  • (むね)には黒い(くろい)(たて)すじが2(ほん)ある。
    写真(しゃしん) / 2023.5.2 東京(とうきょう)()八王子(はちおうじ)() MasakoT

  • (いろ)薄く(うすく)(ぜん)ばねの(もん)もぼやけている。
    写真(しゃしん) / 2023.5.2 東京(とうきょう)()八王子(はちおうじ)() MasakoT

  • 黒い(くろい)(もん)少ない(すくない)
    写真(しゃしん) / 2024.5.17 神奈川(かながわ)(けん)相模原(さがみはら)() MasakoT

  • 写真(しゃしん) / 2024.5.17 神奈川(かながわ)(けん)相模原(さがみはら)() MasakoT

  • 写真(しゃしん) / 2024.5.17 神奈川(かながわ)(けん)相模原(さがみはら)() MasakoT

特徴(とくちょう)

黄色い(きいろい)(ぜん)ばねに黒い(くろい)(もん)が8()あるツツハムシの仲間(なかま)(もん)(かず)(かたち)個体(こたい)()があり、 (もん)が8()ないのもいます。 (たまご)はフンでつつまれ、 幼虫(ようちゅう)はフンのケースに入っ(はいっ)ています。
 
大き(おおき)さ : 体長(たいちょう)7~8.2mm
食べ物(たべもの) : 幼虫(ようちゅう)腐植(ふしょく)(しつ)など 成虫(せいちゅう)はカシワ、 コナラ、 クリ、 イタドリなどの()
成虫(せいちゅう)()られる時期(じき) : 4~6(つき)
分布(ぶんぷ) : 本州(ほんしゅう)四国(しこく)九州(きゅうしゅう)

正確(せいかく)(しゅ)判定(はんてい)は、 形態(けいたい)細部(さいぶ)まで見る(みる)必要(ひつよう)があります。 ​