ナガサキシダ

九州(きゅうしゅう)多い(おおい)存在(そんざい)(かん)のあるシダ

  • (てい)(やま)林内(りんない)生える(はえる)
    これは胞子(ほうし)飛ばす(とばす)胞子(ほうし)()
    写真(しゃしん) / 2024.7 千葉(ちば)(けん) S.Ikeda

  • 根茎(こんけい)短く(みじかく)(はす)(じょう)させて()出す(だす)
    写真(しゃしん) / 2023.12 千葉(ちば)(けん) S.Ikeda

  • (はね)(へん)
    幅広く(はばひろく)大きい(おおきい)
    1~5(つい)ほどつく。
    写真(しゃしん) / 2024.7 千葉(ちば)(けん) S.Ikeda

  • ()(うら)
    (いち)(めん)につく胞子(ほうし)のう(ぐん)独特(どくとく)
    写真(しゃしん) / 2024.7 千葉(ちば)(けん) S.Ikeda

  • 胞子(ほうし)のう(ぐん)円形(えんけい)
    この(つつみ)(まく)古く(ふるく)なっているが、 若い(わかい)(とき)はCの(かたち)をしている。
    写真(しゃしん) / 2024.7 千葉(ちば)(けん) S.Ikeda

  • 光合成(こうごうせい)のみする栄養(えいよう)()
    より(はね)(へん)幅広く(はばひろく)存在(そんざい)(かん)がある。
    写真(しゃしん) / 2023.12 千葉(ちば)(けん) S.Ikeda

  • 葉柄(ようへい)基部(きぶ)
    茶色(ちゃいろ)っぽい細め(ほそめ)鱗片(りんぺん)多い(おおい)
    写真(しゃしん) / 2023.12 千葉(ちば)(けん) S.Ikeda

  • ()(じく)
    鱗片(りんぺん)()はほとんどない。
    写真(しゃしん) / 2023.12 千葉(ちば)(けん) S.Ikeda

  • 子ども(こども)()
    丸み(まるみ)があってかわいらしい。
    写真(しゃしん) / 2023.12 千葉(ちば)(けん) S.Ikeda

特徴(とくちょう)

長崎(ながさき)通り(とおり)九州(きゅうしゅう)多い(おおい)シダ。 ()は1(かい)大きく(おおきく)切れ込む(きれこむ)シンプルな見た目(みため)をしています。 胞子(ほうし)飛ばす(とばす)()は、 ()(うら)丸く(まるく)目立つ(めだつ)胞子(ほうし)のう(ぐん)をびっしりつけます。 別名(べつめい)をオオミツデといいます。
 
()(なが)さ : 30~70cm
観察(かんさつ)時期(じき) : 一年中(いちねんじゅう)(常緑(じょうりょく)(せい))
生える(はえる)場所(ばしょ) : (てい)(やま)林内(りんない)
分布(ぶんぷ) : 本州(ほんしゅう)(関東(かんとう)以西(いせい))、 四国(しこく)九州(きゅうしゅう)中国(ちゅうごく)

正確(せいかく)(しゅ)判定(はんてい)は、 形態(けいたい)細部(さいぶ)まで見る(みる)必要(ひつよう)があります。 ​