ムナキルリハムシ

オレンジとルリ(しょく)のピカピカのハムシ

  • 頭部(とうぶ)(うえ)翅(じょうし)は(あお)藍色(あいいろ)
    写真(しゃしん) / 2015.4.16 千葉(ちば)(けん)佐倉(さくら)() MasakoT

  • (ぜん)(むね)透明(とうめい)(かん)のあるオレンジ(しょく)
    あしと触角(しょっかく)もオレンジ(しょく)
    写真(しゃしん) / 2024.4.25 千葉(ちば)(けん)船橋(ふなばし)() MasakoT

  • (うえ)翅は光沢(こうたく)がありピカピカ。
    体型(たいけい)はずんどう(がた)((とう)(じょう))。
    写真(しゃしん) / 2024.4.25 千葉(ちば)(けん)船橋(ふなばし)() MasakoT

  • スイバで()られる。
    写真(しゃしん) / 2024.4.20 神奈川(かながわ)(けん)相模原(さがみはら)() MasakoT

特徴(とくちょう)

ハムシの仲間(なかま)(うえ)翅は(あお)藍色(あいいろ)で、 (ぜん)(むね)透明(とうめい)(かん)のあるオレンジ(しょく)です。 別名(べつめい)ムナキナガツツハムシ。 メスは産ん(うん)(たまご)をフンでくるみ、 ふ化(ふか)した幼虫(ようちゅう)は、 フンのケースの(なか)育ち(そだち)ます。
 
大き(おおき)さ : 体長(たいちょう)5.2~6mm
食べ物(たべもの) : 成虫(せいちゅう)はヤナギ、 カンバ、 スイバなど
成虫(せいちゅう)()られる時期(じき) : 4~8(つき)
分布(ぶんぷ) : 本州(ほんしゅう)四国(しこく)九州(きゅうしゅう)

正確(せいかく)(しゅ)判定(はんてい)は、 形態(けいたい)細部(さいぶ)まで見る(みる)必要(ひつよう)があります。 ​