タテスジヒメジンガサハムシ

(きむ)緑色(りょくしょく)輝く(かがやく)小さな(ちいさな)カメノコハムシ

  • (きむ)緑色(りょくしょく)黒い(くろい)()模様(もよう)がある。
    楕円(だえん)(がた)でふちが(はん)透明(とうめい)
    写真(しゃしん) / 2024.4.17 沖縄(おきなわ)(けん)浦添(うらぞえ)() MasakoT

  • 背面(はいめん)盛り上がる(もりあがる)
    写真(しゃしん) / 2024.4.14 那覇(なは)() MasakoT

  • 褐色(かっしょく)のU()模様(もよう)
    写真(しゃしん) / 2024.4.17 沖縄(おきなわ)(けん)浦添(うらぞえ)() MasakoT

  • 模様(もよう)薄い(うすい)ものもいる。
    写真(しゃしん) / 2024.4.16 沖縄(おきなわ)(けん)恩納(おんな)(むら) MasakoT

  • 交尾(こうび)
    写真(しゃしん) / 2024.4.17 沖縄(おきなわ)(けん)浦添(うらぞえ)() MasakoT

  • 沖縄(おきなわ)ではノアサガオで多く(おおく)()られる。
    写真(しゃしん) / 2024.4.17 沖縄(おきなわ)(けん)浦添(うらぞえ)() MasakoT

特徴(とくちょう)

カメノコハムシの仲間(なかま)(きむ)緑色(りょくしょく)(くろ)褐色(かっしょく)のU()模様(もよう)がありますが、 模様(もよう)がないものもいます。 南西諸島(なんせいしょとう)などで普通(ふつう)()られる南方(なんぽう)(けい)昆虫(こんちゅう)ですが、 日本(にっぽん)各地(かくち)広がり(ひろがり)つつあり、 近年(きんねん)千葉(ちば)(けん)でも発見(はっけん)されました。
 
大き(おおき)さ : 体長(たいちょう)4.0~5.0mm
食べ物(たべもの) : サツマイモ、 (そら)(しん)(さい)、 ハマヒルガオなどヒルガオ()植物(しょくぶつ)
成虫(せいちゅう)()られる時期(じき) : ほぼ1(ねん)(ちゅう)
分布(ぶんぷ) : 本州(ほんしゅう)九州(きゅうしゅう)南西諸島(なんせいしょとう)

正確(せいかく)(しゅ)判定(はんてい)は、 形態(けいたい)細部(さいぶ)まで見る(みる)必要(ひつよう)があります。 ​