トホシカメムシ

()褐色(かっしょく)(よろい)をつけた(やま)のカメムシ

  • 広葉樹(こうようじゅ)()(うえ)()られる。
    写真(しゃしん) / 2017.6.1 札幌(さっぽろ)()厚別(あしべつ)() MasakoT

  • (ぜん)(むね)()(がわ)(かく)(まえ)突出(とっしゅつ)する。
    写真(しゃしん) / 2019.6.17 群馬(ぐんま)(けん)渋川(しぶかわ)() MasakoT

  • 交尾(こうび)
    写真(しゃしん) / 2024.5.17 神奈川(かながわ)(けん)相模原(さがみはら)() MasakoT

  • 交尾(こうび)
    写真(しゃしん) / 2024.5.17 神奈川(かながわ)(けん)相模原(さがみはら)() MasakoT

  • 幼虫(ようちゅう)
    写真(しゃしん) / 2017.8.22 群馬(ぐんま)(けん)渋川(しぶかわ)() MasakoT

特徴(とくちょう)

(やま)広葉樹(こうようじゅ)生活(せいかつ)するカメムシ。 (からだ)()褐色(かっしょく)で、 (ぜん)(むね)に4()小楯(こだて)(いた)(しょうじゅんばん)に6()黒い(くろい)(てん)があることから「トホシ」と名づけ(なづけ)られました。 明かり(あかり)やって来(やってき)ます。
 
大き(おおき)さ : 体長(たいちょう)16~23mm
食べ物(たべもの) : いろいろな広葉樹(こうようじゅ)
成虫(せいちゅう)()られる時期(じき) : 5~11(つき)
分布(ぶんぷ) : 北海道(ほっかいどう)本州(ほんしゅう)四国(しこく)九州(きゅうしゅう)

正確(せいかく)(しゅ)判定(はんてい)は、 形態(けいたい)細部(さいぶ)まで見る(みる)必要(ひつよう)があります。 ​