ダイミョウキマダラハナバチ

ハナバチに寄生(きせい)する小さな(ちいさな)ハナバチ

  • (はる)(はな)でよく見かける(みかける)
    写真(しゃしん) / 2020.5.11 千葉(ちば)(けん)習志野(ならしの)() MasakoT

  • (からだ)には白い(しろい)()生え(はえ)ている。
    写真(しゃしん) / 2020.5.11 千葉(ちば)(けん)習志野(ならしの)() MasakoT

  • あしと触角(しょっかく)茶色(ちゃいろ)
    写真(しゃしん) / 2022.5.6 千葉(ちば)()中央(ちゅうおう)() MasakoT

  • (はな)(みつ)吸う(すう)
    写真(しゃしん) / 2024.6.11 札幌(さっぽろ)()豊平(とよひら)() MasakoT

  • (はな)(みつ)吸う(すう)
    写真(しゃしん) / 2021.4.24 千葉(ちば)()花見川(はなみがわ)() MasakoT

  • 腹部(ふくぶ)茶色(ちゃいろ)黄色(きいろ)(よこ)(たい)がある。
    写真(しゃしん) / 2023.5.1 千葉(ちば)(けん)習志野(ならしの)() MasakoT

特徴(とくちょう)

キマダラハナバチの仲間(なかま)。 この仲間(なかま)(なか)では大きく(おおきく)(はる)(はな)でよく見かけ(みかけ)ます。 オスは見つかっ(みつかっ)ておらず、 メスのみで繁殖(はんしょく)することが知ら(しら)れています。 ()種類(しゅるい)多く(おおく)識別(しきべつ)には注意(ちゅうい)必要(ひつよう)
 
大き(おおき)さ : 体長(たいちょう)10~13.5mm
食べ物(たべもの) : (はな)(みつ)
成虫(せいちゅう)()られる時期(じき) : 4~6(つき)
分布(ぶんぷ) : 全国(ぜんこく)

正確(せいかく)(しゅ)判定(はんてい)は、 形態(けいたい)細部(さいぶ)まで見る(みる)必要(ひつよう)があります。 ​

ヒゲナガハナバチ(るい)寄生(きせい)

ヒゲナガハナバチ(るい)()寄生(きせい)することが知ら(しら)れています。 ダイミョウキマダラハナバチの幼虫(ようちゅう)は、 ヒゲナガハナバチの()で、 (やどりき)(ぬし)(からだ)食べる(たべる)のではなく、 ヒゲナガハナバチが運ん(はこん)できたエサ(花粉(かふん)だんご)を食べ(たべ)育ち(そだち)ます。 これを労働(ろうどう)寄生(きせい)言い(いい)ます。