オオフジシダ

二等辺三角形(にとうへんさんかっけい)美しい(うつくしい)シダ

  • 山地(さんち)岩場(いわば)などに生える(はえる)
    写真(しゃしん) / 2024.6 岐阜(ぎふ)(けん) S.Ikeda

  • 根茎(こんけい)(はす)(じょう)させて()出す(だす)
    写真(しゃしん) / 2024.6 岐阜(ぎふ)(けん) S.Ikeda

  • ()(さき)
    なだらかに細く(ほそく)なる。
    まれに先端(せんたん)無性(むせい)()をつける。
    写真(しゃしん) / 2024.6 岐阜(ぎふ)(けん) S.Ikeda

  • (はね)(へん)
    細かく(こまかく)切れ込ん(きれこん)美しい(うつくしい)
    写真(しゃしん) / 2024.6 岐阜(ぎふ)(けん) S.Ikeda

  • 最下(さいか)()(へん)
    一番(いちばん)長く(ながく)なることが多い(おおい)
    写真(しゃしん) / 2024.6 岐阜(ぎふ)(けん) S.Ikeda

  • 最下(さいか)()(へん)(しょう)(はね)(へん)
    左右(さゆう)非対称(ひたいしょう)(かたち)
    写真(しゃしん) / 2024.6 岐阜(ぎふ)(けん) S.Ikeda

  • ()(うら)
    胞子(ほうし)のう(ぐん)全面(ぜんめん)につける。
    写真(しゃしん) / 2024.6 岐阜(ぎふ)(けん) S.Ikeda

  • ()(うら)
    胞子(ほうし)のう(ぐん)円形(えんけい)で、 (みゃく)(さき)につく。
    (つつみ)(まく)はない。
    写真(しゃしん) / 2024.6 岐阜(ぎふ)(けん) S.Ikeda

  • 葉柄(ようへい)基部(きぶ)
    茶色(ちゃいろ)っぽい()がつき、 鱗片(りんぺん)はない。
    写真(しゃしん) / 2024.6 岐阜(ぎふ)(けん) S.Ikeda

  • ()(じく)
    茶色(ちゃいろ)っぽい()がまばらにある。
    写真(しゃしん) / 2024.6 岐阜(ぎふ)(けん) S.Ikeda

  • 新芽(しんめ)
    短い(みじかい)()多い(おおい)クルクル。
    写真(しゃしん) / 2024.6 岐阜(ぎふ)(けん) S.Ikeda

特徴(とくちょう)

細かく(こまかく)切れ込む(きれこむ)()美しい(うつくしい)シダ。 全体(ぜんたい)としては長い(ながい)二等辺三角形(にとうへんさんかっけい)形状(けいじょう)をしています。 (きん)(えん)のフジシダは(ほん)(たね)ほど細かく(こまかく)切れ込ま(きれこま)ず、 ()(がた)細長い(ほそながい)ので区別(くべつ)しやすいですが、 時に(ときに)両者(りょうしゃ)雑種(ざっしゅ)作り(つくり)ます。
 
()(なが)さ : 30~70cm
観察(かんさつ)時期(じき) : 一年中(いちねんじゅう)(常緑(じょうりょく)(せい))
生える(はえる)場所(ばしょ) : 山地(さんち)岩場(いわば)(がけ)()
分布(ぶんぷ) : 本州(ほんしゅう)(新潟(にいがた)以南(いなん))、 四国(しこく)九州(きゅうしゅう)中国(ちゅうごく)

正確(せいかく)(しゅ)判定(はんてい)は、 形態(けいたい)細部(さいぶ)まで見る(みる)必要(ひつよう)があります。 ​