津久井湖(つくいこ)城山(しろやま)公園(こうえん)

杉林(すぎばやし)

(すぎ)植林(しょくりん)()

植林(しょくりん)されたのは20世紀(せいき)中頃(なかごろ)思わ(おもわ)れます。 県内(けんない)では戦後(せんご)建築(けんちく)(よう)建材(けんざい)としてスギやヒノキの植林(しょくりん)進め(すすめ)られました。 (ざい)として利用(りよう)するには間伐(かんばつ)枝打ち(えだうち)必要(ひつよう)です。 1(ねん)を通じて(をつうじて)常緑(じょうりょく)(はやし)です。

津久井湖(つくいこ)城山(しろやま)公園(こうえん) 基本(きほん)情報(じょうほう)