()紹介(しょうかい)

モリシマアカシア

ふわふわのクリーム(しょく)(はな)咲かせる(さかせる)()

()自己(じこ)紹介(しょうかい)

初夏(しょか)にふわふわの小さな(ちいさな)クリーム(しょく)(はな)をたくさん咲かせ(さかせ)ます。()(とり)(はね)のようです。オーストラリアやタスマニア原産(げんさん)()です。モリシマは日本語(にほんご)ではなく「柔らかい(やわらかい)()多い(おおい)」という意味(いみ)ラテン語(らてんご)からきています。

以下(いか)情報(じょうほう)は、関東(かんとう)地方(ちほう)基準(きじゅん)にしています。エリアによって1ヶ月(かげつ)くらいの()があります。

()(がた)

成長(せいちょう)早く(はやく)あっという間に(あっというまに)()()抜き(ぬき)さり、20mにもなります。

  • 千葉(ちば)(けん)袖ケ浦(そでがうら)()千葉(ちば)(けん)緑化(りょくか)推進(すいしん)拠点(きょてん)/撮影(さつえい)EijiI/2021.5.14

()

(はね)のような(かたち)をした葉っぱ(はっぱ)です。葉っぱ(はっぱ)全体(ぜんたい)細かい(こまかい)()がたくさん生え(はえ)ています。これがモリシマ(=柔らかい(やわらかい)()多い(おおい))の名前(なまえ)由来(ゆらい)になっていると思わ(おもわ)れます。
葉っぱ(はっぱ)()には(せん)(たい)小さな(ちいさな)(あな))があります。ぜひルーペで()てみてください。

  • 小さな(ちいさな)葉っぱ(はっぱ)集まっ(あつまっ)(はね)のような()
    千葉(ちば)(けん)袖ケ浦(そでがうら)()千葉(ちば)(けん)緑化(りょくか)推進(すいしん)拠点(きょてん)/撮影(さつえい)MayaN/2021.5.13

  • ()()には(せん)(たい)小さな(ちいさな)(あな))がある
    千葉(ちば)(けん)袖ケ浦(そでがうら)()千葉(ちば)(けん)緑化(りょくか)推進(すいしん)拠点(きょてん)/撮影(さつえい)MasakoT/2021.5.13

(はな)

小さな(ちいさな)クリーム(しょく)のふわふわの(はな)沢山(たくさん)集まっ(あつまっ)咲き(さき)ます。甘い(あまい)匂い(におい)強い(つよい)です。

  • 千葉(ちば)(けん)袖ケ浦(そでがうら)()千葉(ちば)(けん)緑化(りょくか)推進(すいしん)拠点(きょてん)/撮影(さつえい)EijiI/2019.5.17

  • 糸状(いとじょう)花びら(はなびら)のようなものは、沢山(たくさん)雄しべ(おしべ)
    千葉(ちば)(けん)袖ケ浦(そでがうら)()千葉(ちば)(けん)緑化(りょくか)推進(すいしん)拠点(きょてん)/撮影(さつえい)MayaN/2021.5.13

()

(あき)()入っ(はいっ)たさやがたわわに実り(みのり)ます。

(みき)

()高い(たかい)(わり)には細い(ほそい)です。(みき)(みどり)がかっています。特に(とくに)若い(わかい)(えだ)(みき)緑色(りょくしょく)見え(みえ)ます。

  • 緑色(りょくしょく)若い(わかい)()(みき)
    千葉(ちば)(けん)袖ケ浦(そでがうら)()千葉(ちば)(けん)緑化(りょくか)推進(すいしん)拠点(きょてん)/撮影(さつえい)MayaN/2021.5.13

名前(なまえ)由来(ゆらい)

モリシマは日本語(にほんご)ではなく「柔らかい(やわらかい)()多い(おおい)」という意味(いみ)ラテン語(らてんご)からきています。「アカシア」はマメ科の木(しなのき)のことを指し(さし)ます。

その他(そのた)情報(じょうほう)

良く(よく)知ら(しら)れているミモザ(=フサアカシア)とは、近い(ちかい)仲間(なかま)ではありますが、異なる(ことなる)()です。