カキバトモエ

(ひょう)(うら)のはねの(いろ)違い(ちがい)にアッと驚く(おどろく)

  • (ひょう)のはねは地味(じみ)淡い(あわい)茶色(ちゃいろ)(よこ)(せん)がある。
    千葉(ちば)(けん)船橋(ふなばし)() / 撮影(さつえい) MasakoT / 2014.6.30

  • 淡い(あわい)(いろ)美しい(うつくしい)
    撮影(さつえい) KeikoO / 2007.5.8

  • 幼虫(ようちゅう)。ネムノキの(みき)でじっとしている。
    千葉(ちば)(けん)松戸(まつど)() / 撮影(さつえい) MasakoT / 2018.10.2

カキバトモエの特徴(とくちょう)

トモエガの一種(いっしゅ)。トモエガには(ともえ)(ともえ)の模様(もよう)(コンマのような模様(もよう))がありますが、カキバトモエにはそれがありません。はねの(うら)お腹(おなか)鮮やか(あざやか)なオレンジ(しょく)です。
  
大き(おおき)さ:開張(かいちょう)64~78mm
食べ物(たべもの)幼虫(ようちゅう)はマメ()(ネムノキ、フサアカシア、モリシマアカシアなど)の()
成虫(せいちゅう)()られる時期(じき):5~9(つき)
分布(ぶんぷ)本州(ほんしゅう)四国(しこく)九州(きゅうしゅう)

カキバトモエの()られる()