東葛飾(ひがしかつしか)中学(ちゅうがく)高等(こうとう)学校(がっこう)

クロマツ

海辺(うみべ)生える(はえる)力強い(ちからづよい)(まつ)

この()親友(しんゆう)登録(とうろく)

マイページの樹木(じゅもく)(ちょう)親友(しんゆう)マーク付き(つき)ます。

特徴(とくちょう)

生物(せいぶつ)基礎(きそ)冬季(とうき)(へん)対象(たいしょう)①】
高木(たかぎ)海岸(かいがん)沿い(ぞい)生える(はえる)マツ。 樹皮(じゅひ)黒っぽく(くろっぽく)冬芽(とうが)白く(しろく)()硬い(かたい)
対照(たいしょう)(てき)アカマツ樹皮(じゅひ)冬芽(とうが)(あか)っぽく、 ()はやわらかめで、 (やま)沿い(ぞい)生え(はえ)()樹林(じゅりん)形成(けいせい)する。

以下(いか)情報(じょうほう)は、 関東(かんとう)地方(ちほう)基準(きじゅん)にしています。 エリアによって1ヶ月(かげつ)くらいの()があります。

()(がた)

元々(もともと)海辺(うみべ)生える(はえる)ため、 (かぜ)耐える(たえる)力強い(ちからづよい)()(がた)です。

  • 海辺(うみべ)では曲がっ(まがっ)(かぜ)耐える(たえる)
    写真(しゃしん) / MayaN

  • (うみ)近く(ちかく)植え(うえ)られたクロマツ
    写真(しゃしん) / MayaN

  • (にわ)では手入れ(ていれ)され、 きれいな(かたち)()多い(おおい)
    写真(しゃしん) / MayaN

()

2(ほん)(はり)のような()がセットになった()です。 硬く(かたく)(さき)がとがっています。
この葉っぱ(はっぱ)松葉(まつば)相撲(すもう)出来(でき)ます。

  • 写真(しゃしん) / EijiI

(はな)

雄花(おばな)は、 触る(さわる)(こな)のような花粉(かふん)飛び(とび)ます。 雌花(めばな)小さな(ちいさな)松ぼっくり(まつぼっくり)のような(かたち)新しい(あたらしい)(えだ)先端(せんたん)につきます。 これが受粉(じゅふん)して松ぼっくり(まつぼっくり)になります。

  • 雌花(めばな)新しい(あたらしい)(えだ)先端(せんたん)につき、 雄花(おばな)はその付け根(つけね)咲く(さく)
    写真(しゃしん) / MayaN

  • 雄花(おばな)は、 (かぜ)でゆれると(けむり)のような花粉(かふん)出す(だす)
    写真(しゃしん) / MayaN

  • 雌花(めばな)小さな(ちいさな)松ぼっくり(まつぼっくり)のよう
    写真(しゃしん) / MayaN

()

(はる)咲い(さい)(はな)が1(ねん)(はん)かかって翌年(よくねん)(あき)実り(みのり)ます。

  • クロマツの松ぼっくり(まつぼっくり)
    写真(しゃしん) / MayaN

  • 松ぼっくり(まつぼっくり)(えだ)下向き(したむき)につくことが多い(おおい)
    写真(しゃしん) / MayaN

  • クロマツの松ぼっくり(まつぼっくり)(ひだり))とアカマツの松ぼっくり(まつぼっくり)(みぎ))。 クロマツの(ほう)大きい(おおきい)
    写真(しゃしん) / MayaN

(みき)(えだ)

沢山(たくさん)裂けめ(さけめ)のある、 ゴツゴツした(みき)です。

  • 写真(しゃしん) / MayaN

名前(なまえ)由来(ゆらい)

(みき)(あか)()がかったアカマツに対して(にたいして)(みき)黒っぽい(くろっぽい)ことからクロマツと呼ば(よば)れます。

その他(そのた)情報(じょうほう)

不老不死(ふろうふし)夫婦(ふうふ)円満(えんまん)象徴(しょうちょう)とされておめでたい()とされています。

性格(せいかく)

クロマツは(ひかり)大好き(だいすき)すぎて、 ()良い(よい)場所(ばしょ)では()()との競争(きょうそう)激しく(はげしく)なるので、 海岸(かいがん)などやせた土地(とち)をあえて選び(えらび)ます。 そんな場所(ばしょ)でも(きん)()(きん)(キノコ)という協力(きょうりょく)(しゃ)がたくさんいて、 生長(せいちょう)助け(たすけ)てくれます。 ただ、 焚火(たきび)(こん)にはえるツチクラゲと言う(いう)キノコは苦手(にがて)です。

体験(たいけん)遊び(あそび)

マツボックリは乾く(かわく)開き(ひらき)(みず)につけると閉じ(とじ)ます。 乾い(かわい)晴れ(はれ)()(なか)(たね)遠く(とおく)飛ばす(とばす)ために、 (あめ)()はしっかり閉じ(とじ)ます。 そんなマツボックリにお(はな)挿し(さし)て、 生け花(いけばな)をしてみましょう。 アカマツ、 ダイオウマツ、 ゴヨウマツのマツボックリでもできます。

  • 乾い(かわい)たマツボックリと(みず)をつけたマツボックリ
    写真(しゃしん) / minaei

  • 容器(ようき)(みず)とマツボックリを入れ(いれ)、 20(ふん)ぐらいしたら閉じ(とじ)はじめるので(はな)挿す(さす)
    写真(しゃしん) / minaei

  • おわんサイズの入れ物(いれもの)良い(よい)
    写真(しゃしん) / minaei

  • (はる)小さな(ちいさな)草花(くさばな)など観察(かんさつ)できる
    写真(しゃしん) / minaei

  • 人形(にんぎょう)(むし)など作っ(つくっ)たり自由(じゆう)
    写真(しゃしん) / minaei

関わり(かかわり)深い(ふかい)生き物(いきもの)

市街地(しがいち)でも()られる(まつ)()食べる(たべる)マツカレハ(ガ)の幼虫(ようちゅう)は、 マツケムシと呼ば(よば)れ、 (どく)があるので注意(ちゅうい)です!
松ぼっくり(まつぼっくり)()住み着く(すみつく)(むし)やクモを食べ(たべ)に、 シジュウカラ(るい)など(とり)がやってきます。
イスカという(とり)はくちばしの上下(じょうげ)交差(こうさ)しており、 上手(じょうず)にタネを取り出し(とりだし)ます。

東葛飾(ひがしかつしか)中学(ちゅうがく)高等(こうとう)学校(がっこう) 基本(きほん)情報(じょうほう)