アカマツ

やさしい姿(すがた)赤い(あかい)(まつ)

()自己(じこ)紹介(しょうかい)

()柔らかく(やわらかく)触っ(さわっ)ても痛く(いたく)ありません。全体(ぜんたい)もやさしい感じ(かんじ)から雌松(めまつ)(メマツ・(おんな)(まつ)という意味(いみ))とも呼ば(よば)れてきました。(むかし)からマツは(かみ)をまつる神聖(しんせい)()とされ、正月(しょうがつ)門松(かどまつ)お飾り(おかざり)使わ(つかわ)れてきました。

みんなの投稿(とうこう)

以下(いか)情報(じょうほう)は、関東(かんとう)地方(ちほう)基準(きじゅん)にしています。エリアによって1ヶ月(かげつ)くらいの()があります。

()(がた)

クロマツよりも少し(すこし)ほっそり優しい(やさしい)感じ(かんじ)()(がた)です。

  • 那須(なす)では沢山(たくさん)立派(りっぱ)なアカマツが()られる
    栃木(とちぎ)(けん)那須塩原(なすしおばら)() / 撮影(さつえい) MayaN / 2020.8.18

  • 高木(たかぎ)でもほっそり華奢(きゃしゃ)()(がた)
    茨城(いばらき)(けん)筑波(つくば)実験(じっけん)植物(しょくぶつ)(えん) / 撮影(さつえい) MayaN / 2020.10.29

()

(はり)のような()です。()(ほん)セットです。触る(さわる)意外と(いがいと)やわらかいです。
新芽(しんめ)赤い(あかい)のが特徴(とくちょう)です。

  • ()はやわらかいのは見た目(みため)でも分かる(わかる)
    千葉(ちば)(けん)君津(きみつ)()豊英(とよふさ)(とう) / 撮影(さつえい) MayaN / 2020.10.29

  • 新芽(しんめ)赤い(あかい)
    撮影(さつえい) 庭木(にわき)図鑑(ずかん)植木(うえき)ペディア / 2020.10.29

(はな)

新芽(しんめ)先端(せんたん)につくのが雌花(めばな)(めばな)。小さな(ちいさな)松ぼっくり(まつぼっくり)のような(かたち)をしています。雄花(おばな)(おばな)は新芽(しんめ)(わき)(わき)につきます。ゆらすと(けむり)のような花粉(かふん)()ます。

  • 雌花(めばな)(めばな)
    撮影(さつえい) 庭木(にわき)図鑑(ずかん)植木(うえき)ペディア

()

松ぼっくり(まつぼっくり)沢山(たくさん)実り(みのり)ます。松ぼっくり(まつぼっくり)は、(じゅく)(じゅく)した(のち)長く(ながく)()残っ(のこっ)ています。

  • 小さめ(ちいさめ)松ぼっくり(まつぼっくり)(ふゆ)まで()残る(のこる)
    栃木(とちぎ)(けん)那須(なす)(まち) / 撮影(さつえい) MayaN / 2020.10.29

  • クロマツとアカマツの松ぼっくり(まつぼっくり)、アカマツが小さい(ちいさい)
    大阪(おおさか)()吹田(すいた)() / 撮影(さつえい) MayaN / 2020.10.29

  • ()(じゅく)(みじゅく)な松ぼっくり(まつぼっくり)
    大阪(おおさか)()吹田(すいた)() / 撮影(さつえい) MayaN / 2020.10.29

(みき)

赤褐色(せきかっしょく)(せきかっしょく)で深い(ふかい)割れ目(われめ)立ち(たち)ます。

  • 赤み(あかみ)目立つ(めだつ)樹皮(じゅひ)
    千葉(ちば)(けん)袖ケ浦(そでがうら)() / 撮影(さつえい) EijiI / 2020.10.29

  • 東京(とうきょう)()東村山(ひがしむらやま)() / 撮影(さつえい) MayaN / 2021.2.8

名前(なまえ)由来(ゆらい)

アカというのは(みき)赤い(あかい)から。マツは(むかし)から縁起(えんぎ)良い(よい)()されてきました。そこから正月(しょうがつ)を「待つ(まつ)」、神様(かみさま)がやってくるのを「待つ(まつ)」からマツという(まえ)付い(つい)たという(せつ)もあります。

その他(そのた)情報(じょうほう)

(やま)生え(はえ)ているアカマツにはマツタケが生える(はえる)こともあります。

関わり(かかわり)深い(ふかい)生き物(いきもの)

市街地(しがいち)でも()られる(まつ)()食べる(たべる)マツカレハ(ガ)の幼虫(ようちゅう)は、マツケムシと呼ば(よば)れ、(どく)があるので注意(ちゅうい)です! ウバタマムシの幼虫(ようちゅう)は、(まつ)弱っ(よわっ)()枯れ木(かれき)食べ(たべ)育ち(そだち)ます。松ぼっくり(まつぼっくり)()住み着く(すみつく)(むし)やクモを食べ(たべ)に、シジュウカラ(るい)がやってきます。(おも)針葉樹(しんようじゅ)(りん)(たい)()られるイスカという(とり)はくちばしの上下(じょうげ)交差(こうさ)しており、上手(じょうず)にタネを取り出し(とりだし)ます。