()紹介(しょうかい)

トウジュロ

()大きな(おおきな)手のひら(てのひら)みたいな南国(なんごく)(ふう)()

()自己(じこ)紹介(しょうかい)

南国(なんごく)(ふう)変わっ(かわっ)雰囲気(ふんいき)好ま(このま)れ、(にわ)のアクセントとして寺院(じいん)庭園(ていえん)によく植え(うえ)られます。シュロ(ワジュロ)にそっくりですが、やや()小さく(ちいさく)()(さき)垂れ下がっ(たれさがっ)ていないのが特徴(とくちょう)です。シュロ(なわ)材料(ざいりょう)になるのはシュロの樹皮(じゅひ)です。

以下(いか)情報(じょうほう)は、関東(かんとう)地方(ちほう)基準(きじゅん)にしています。エリアによって1ヶ月(かげつ)くらいの()があります。

()(がた)

(たか)さ5mぐらいになります。
生長(せいちょう)(てん)()のてっぺん(いち)(てん)だけにあるので、剪定(せんてい)()(たか)さを調整(ちょうせい)することはできませんが、5mほどになるとそれ以上(いじょう)高く(たかく)成長(せいちょう)しません。

  • 成長(せいちょう)した()枯れ(かれ)()(した)垂れ下がっ(たれさがっ)落ちる(おちる)
    千葉(ちば)()美浜(みはま)()/撮影(さつえい)MayaN/2012.12.24

  • (よう)()()小さい(ちいさい)けれど、大人(おとな)()同じ(おなじ)(かたち)可愛らしい(かわいらしい)
    千葉(ちば)(けん)袖ケ浦(そでがうら)()/撮影(さつえい)MayaN/2020.9.1

()

()(なが)さは30~50㎝(ほど)でシュロ(()(なが)さ50~80㎝(ほど))よりもやや小さく(ちいさく)なります。さけた()(さき)垂れ下がっ(たれさがっ)ていないのが特徴(とくちょう)です。「シュロ」と「トウジュロ」の中間(ちゅうかん)(てき)形態(けいたい)持つ(もつ)「アイジュロ」もあります。

  • トウジュロとシュロの()比較(ひかく)。シュロの()(さき)折れ曲がる(おれまがる)
    撮影(さつえい)MayaN

  • トウジュロの特徴(とくちょう)(てき)()家紋(かもん)としてもつかわれることがある
    撮影(さつえい)WEBサイト「発光(はっこう)大王(だいおう)(どう)」より

(はな)

肉質(にくしつ)のクリーム(しょく)小さな(ちいさな)(はな)沢山(たくさん)集まっ(あつまっ)咲き(さき)ます。

  • 雄花(おばな)小さな(ちいさな)(はな)集まっ(あつまっ)大きな(おおきな)()になって咲く(さく)
    撮影(さつえい)庭木(にわき)図鑑(ずかん)植木(うえき)ペディア

()

(なが)さ1~1.2㎝(ほど)のちょっと変わっ(かわっ)球形(きゅうけい)をしています。(あき)から(ふゆ)青黒く(あおぐろく)熟し(じゅくし)ます。(とり)がよく食べ(たべ)、さまざまな場所(ばしょ)(くそ)一緒(いっしょ)(たね)をまくので、色々(いろいろ)場所(ばしょ)から()出し(だし)ます。

  • 紺色(こんいろ)()。よく(とり)食べ(たべ)て、(くそ)一緒(いっしょ)色んな(いろんな)場所(ばしょ)(たね)をまきます。
    千葉(ちば)()美浜(みはま)()/撮影(さつえい)MayaN/2021.1.6

  • 未熟(みじゅく)実は(じつは)緑色(りょくしょく)数え(かぞえ)きれないほど沢山(たくさん)()(いち)()になる。
    千葉(ちば)(けん)袖ケ浦(そでがうら)()/撮影(さつえい)MayaN/2020.10.2

(みき)

(みき)上部(じょうぶ)暗黒(あんこく)(しょく)糸状(いとじょう)樹皮(じゅひ)におおわれています。

  • (みき)上部(じょうぶ)糸状(いとじょう)繊維(せんい)覆わ(おおわ)れている。
    千葉(ちば)()美浜(みはま)()/撮影(さつえい)MayaN/2012.12.24

  • (した)(ほう)(みき)繊維(せんい)(しつ)部分(ぶぶん)がとれて普通(ふつう)樹皮(じゅひ)見え(みえ)ている場合(ばあい)もある
    千葉(ちば)()美浜(みはま)()/撮影(さつえい)MayaN/2021.2.16

(ひと)との関わり(かかわり)

トウジュロは中国(ちゅうごく)原産(げんさん)寺院(じいん)庭園(ていえん)にアクセントとしてよく植え(うえ)られます。

その他(そのた)情報(じょうほう)

トウジュロと(きん)(えん)(しゅ)のシュロ(ワジュロ)の樹皮(じゅひ)は、シュロ(がわ)呼ば(よば)れ、(なわ)やほうきなどさまざまな道具(どうぐ)材料(ざいりょう)になります。

  • シュロ(がわ)使っ(つかっ)たシュロ(なわ)
    撮影(さつえい)MayaN/2013.2.16