クロモジ

香り(かおり)高級(こうきゅう)ツマヨウジ

特徴(とくちょう)

(もり)端っこ(はじっこ)明るい(あかるい)場所(ばしょ)好き(すき)(もり)では「いたの?」と言わ(いわ)れそうなオーラの()さですが、 (えだ)良い(よい)香り(かおり)持っ(もっ)ています。 すーと爽やか(さわやか)香り(かおり)なので高級(こうきゅう)爪楊枝(つまようじ)採用(さいよう)されています。 冬芽(とうが)がとてもかわいいので()てください。

以下(いか)情報(じょうほう)は、 関東(かんとう)地方(ちほう)基準(きじゅん)にしています。 エリアによって1ヶ月(かげつ)くらいの()があります。

()(がた)

樹高(きだか)普通(ふつう)1~3mぐらいです。 明るい(あかるい)(もり)(なか)に、 ちょっと丈夫(じょうぶ)(くさ)みたいに生え(はえ)ています。

  • 木の下(このした)にいることが多い(おおい)
    写真(しゃしん) / 2024.4.21 神奈川(かながわ)(けん)横浜(よこはま)() minaei

  • ()がないと(みどり)(えだ)目立つ(めだつ)こともある
    写真(しゃしん) / 2017.3.31 茨城(いばらき)(けん)つくば() minaei

  • 細い(ほそい)(えだ)低木(ていぼく)目立た(めだた)ない
    写真(しゃしん) / 2017.4.24 埼玉(さいたま)(けん)狭山(さやま)() minaei

()

薄い(うすい)葉っぱ(はっぱ)で、 (ひかり)がすけます。 ギザギザがなくて(ちょう)(まる)(かたち)をしています。 ()(なが)さは5~10㎝で、 交互(こうご)につきます。

  • 薄く(うすく)てのっぺりとした()
    写真(しゃしん) / 2005.5.29 東京(とうきょう)()八王子(はちおうじ)() minaei

  • (あき)には()黄色く(きいろく)なる
    写真(しゃしん) / 2014.11.24 東京(とうきょう)()八王子(はちおうじ)() minaei

(はな)

(はる)丸い(まるい)花芽(かが)から小さな(ちいさな)(はな)咲き(さき)ます。 ()(めす)別々(べつべつ)()で、 どちらかというと(ゆう)(かぶ)多い(おおい)ようです。

  • 雄花(おばな)
    写真(しゃしん) / 2017.4.4 東京(とうきょう)()八王子(はちおうじ)() minaei

  • 雌花(めばな)
    写真(しゃしん) / 庭木(にわき)図鑑(ずかん) 植木(うえき)ペディア

()

(あき)黒く(くろく)光沢(こうたく)のある丸い(まるい)()をつけます。

  • (めす)()黒い(くろい)()がなる
    写真(しゃしん) / 2005.10.17 東京(とうきょう)()八王子(はちおうじ)() minaei

(みき)

(はる)から(なつ)枝分かれ(えだわかれ)まで一気に(いっきに)伸ばす(のばす)ので、 枝分かれ(えだわかれ)部分(ぶぶん)がなめらかです。 1(ねん)(えだ)境目(さかいめ)中途半端(ちゅうとはんぱ)なところにあります。 (えだ)折る(おる)とさわやかな良い(よい)香り(かおり)がします。

  • なめらかな枝分かれ(えだわかれ)
    写真(しゃしん) / 2017.4.24 埼玉(さいたま)(けん)狭山(さやま)() minaei

  • 枝分かれ(えだわかれ)じゃないところに前年(ぜんねん)(えだ)境目(さかいめ)がある
    写真(しゃしん) / 2017.4.24 埼玉(さいたま)(けん)狭山(さやま)() minaei

冬芽(とうが)

トンガリさんがポンポンを持っ(もっ)応援(おうえん)しているような姿(すがた)特徴(とくちょう)です。 トンガリさんは()()両手(りょうて)のポンポンは花芽(かが)です。 ポンポンの(さき)少し(すこし)とがっています。 ポンポンを持っ(もっ)ていない()、 1つだけ持っ(もっ)ている()などもいます。

  • (べに)(ぐみ)応援(おうえん)(だん)のような赤い(あかい)()
    写真(しゃしん) / 2023.1.22 東京(とうきょう)()八王子(はちおうじ)() Tamacha

  • ポンポンを3つ持っ(もっ)ている()もいる
    写真(しゃしん) / 2023.1.4 東京(とうきょう)()八王子(はちおうじ)() Tamacha

  • これは(しろ)(ぐみ)さんかな?
    写真(しゃしん) / 2023.1.4 東京(とうきょう)()八王子(はちおうじ)() Tamacha

(ひと)との関わり(かかわり)

枝葉(えだは)香り(かおり)があるので香料(こうりょう)をとったり、 クロモジ(ちゃ)やクロモジ(しゅ)などにもします。 クロモジの(えだ)のツマヨウジは高級(こうきゅう)(ひん)で、 上品(じょうひん)和菓子(わがし)にそえられます。 (むかし)(えだ)歯ブラシ(はぶらし)代わり(かわり)にしていたそうです。

  • 高級(こうきゅう)ツマヨウジ
    写真(しゃしん) / 2007.4.27 minaei

名前(なまえ)由来(ゆらい)

(みどり)(みき)出る(でる)黒い(くろい)しみのようなものを文字(もじ)()たて「黒文字(くろもじ)」と呼ば(よば)れたことに由る(よる)とされますが、 諸説(しょせつ)あります。
黒い(くろい)しみのようなものはどうやら藻類(そうるい)らしいとも言わ(いわ)れています。

  • (みどり)(えだ)黒い(くろい)シミにみえるのは藻類(そうるい)らしい
    写真(しゃしん) / 2017.4.19 埼玉(さいたま)(けん)狭山(さやま)() minaei

その他(そのた)情報(じょうほう)

樹皮(じゅひ)()香る(かおる)のは芳香(ほうこう)成分(せいぶん)含む(ふくむ)ためですが、 その種類(しゅるい)割合(わりあい)個体(こたい)によって違う(ちがう)ということです。 たとえ同じ(おなじ)場所(ばしょ)生え(はえ)ていたとしても、 個体(こたい)によって違う(ちがう)言う(いう)ことです。

性格(せいかく)

雑木林(ぞうきばやし)になじみすぎるぐらい地味(じみ)見かけ(みかけ)ですが、 (えだ)切る(きる)本領(ほんりょう)発揮(はっき)。 その香り(かおり)一目(いちもく)おかれます。
(えだ)伸び(のび)(かた)個性(こせい)(てき)()()枝分かれ(えだわかれ)来年(らいねん)繰り越す(くりこす)()多い(おおい)ですが、 クロモジは枝分かれ(えだわかれ)までなめらかに伸び(のび)中途半端(ちゅうとはんぱ)に1(ねん)のくぎりをします。 「区切り(くぎり)良い(よい)ところで休ん(やすん)でね!」と言っ(いっ)たとしたら、 「ここでやめるんかーい。 」という感じ(かんじ)。 おかげで冬芽(とうが)はほぼ(えだ)先端(せんたん)にある(ある意味(いみ)そろってはいる)面白い(おもしろい)()です!

  • クロモジの(えだ)伸ばし(のばし)(かた)

  • 多く(おおく)()(えだ)伸ばし(のばし)(かた)

  • (えだ)途中(とちゅう)に1(ねん)のくぎりのしわしわがある
    写真(しゃしん) / 2024.4.21 神奈川(かながわ)(けん)横浜(よこはま)() minaei

体験(たいけん)遊び(あそび)

クロモジの(えだ)お茶(おちゃ)作る(つくる)ことができます。 ほんのりピンクのお茶(おちゃ)はさわやかな香り(かおり)があります。

  • (えだ)洗っ(あらっ)(すう)(にち)陰干し(かげぼし)する
    写真(しゃしん) / 2022.7.8 minaei

  • (えだ)適当(てきとう)剪定(せんてい)ばさみで切る(きる)
    写真(しゃしん) / 2022.7.8 minaei

  • (なべ)()をわかして入れる(いれる)
    写真(しゃしん) / 2022.7.8 minaei

  • ほんのりピンクに色づい(いろづい)たらできあがり
    写真(しゃしん) / 2022.7.8 minaei

  • 茶柱(ちゃばしら)をたてて、 召し上がれ(めしあがれ)
    写真(しゃしん) / 2022.7.8 minaei

()られる場所(ばしょ)