ヤマドリタケモドキ

美味しい(おいしい)ポルチーニと言わ(いわ)れる食用(しょくよう)きのこの仲間(なかま)

  • シラカシの近く(ちかく)にはえるヤマドリタケモドキ。
    千葉(ちば)(けん)野田(のだ)() / 撮影(さつえい) 大作(たいさく)晃一(こういち) / 2022.9.16

  • シラカシの近く(ちかく)にはえる(かさ)をひろげる(まえ)のヤマドリタケモドキ。最初(さいしょ)(かさ)(いろ)濃い(こい)
    千葉(ちば)(けん)野田(のだ)() / 撮影(さつえい) 大作(たいさく)晃一(こういち) / 2022.9.16

  • (かさ)表面(ひょうめん)はビロード(じょう)で、周辺(しゅうへん)()白い(しろい)綿毛(わたげ)がある。
    千葉(ちば)(けん)野田(のだ)() / 撮影(さつえい) 大作(たいさく)晃一(こういち) / 2022.9.16

  • (かさ)はのちに表面(ひょうめん)ひび割れる(ひびわれる)こともある。白い(しろい)綿毛(わたげ)はなくなる。
    千葉(ちば)(けん)野田(のだ)() / 撮影(さつえい) 大作(たいさく)晃一(こういち) / 2022.9.16

  • スポンジは最初(さいしょ)白っぽく(しろっぽく)て、(あな)はない。
    千葉(ちば)(けん)野田(のだ)() / 撮影(さつえい) 大作(たいさく)晃一(こういち) / 2022.9.16

  • スポンジの断面(だんめん)はたくさんのくだが並ぶ(ならぶ)
    千葉(ちば)(けん)野田(のだ)() / 撮影(さつえい) 大作(たいさく)晃一(こういち) / 2022.9.16

  • 最初(さいしょ)、スポンジの表面(ひょうめん)白い(しろい)(まく)におおわれるため(あな)見え(みえ)ない。
    千葉(ちば)(けん)野田(のだ)() / 撮影(さつえい) 大作(たいさく)晃一(こういち) / 2022.9.16

  • のちにスポンジはオリーブ色(おりーぶいろ)をおび(あな)があく。
    千葉(ちば)(けん)野田(のだ)() / 撮影(さつえい) 大作(たいさく)晃一(こういち) / 2022.9.17

  • ()表面(ひょうめん)網目(あみめ)模様(もよう)
    千葉(ちば)(けん)野田(のだ)() / 撮影(さつえい) 大作(たいさく)晃一(こういち) / 2022.9.16

  • カサの表面(ひょうめん)茶色(ちゃいろ)大型(おおがた)のキノコ
    千葉(ちば)()美浜(みはま)() / 撮影(さつえい) MayaN / 2021.7.13

  • ()分かり(わかり)やすい網目(あみめ)模様(もよう)がある
    千葉(ちば)()美浜(みはま)() / 撮影(さつえい) MayaN / 2021.7.13

ヤマドリタケモドキの特徴(とくちょう)

カサの表面(ひょうめん)茶色い(ちゃいろい)大型(おおがた)のキノコです。
カサの裏側(うらがわ)はスポンジ(じょう)最初(さいしょ)白色(はくしょく)時間(じかん)がたつと黄色(きいろ)からオリーブ色(おりーぶいろ)変わり(かわり)ます。
()部分(ぶぶん)網目(あみめ)模様(もよう)があります。
ポルチーニと言わ(いわ)れる食用(しょくよう)きのこの仲間(なかま)美味しい(おいしい)きのことして有名(ゆうめい)です。
緑地(りょくち)などで採取(さいしゅ)禁止(きんし)されている場所(ばしょ)では採取(さいしゅ)しないようにお願い(おねがい)します。
 
大き(おおき)さ:(かさ)直径(ちょっけい)は6~20cm
生える(はえる)時期(じき)(なつ)(あき)
生える(はえる)場所(ばしょ):ブナ()やの()近く(ちかく)

執筆(しっぴつ)協力(きょうりょく)

MayaN