キイロトラカミキリ

黄色い(きいろい)ボディに黒い(くろい)模様(もよう)がオシャレ

  • 黄色い(きいろい)(からだ)黒い(くろい)模様(もよう)で、優しい(やさしい)雰囲気(ふんいき)
    千葉(ちば)()若葉(わかば)() / 撮影(さつえい) MasakoT / 2020.6.8

  • クリの(はな)にやってきた。
    千葉(ちば)(けん)佐倉(さくら)() / 撮影(さつえい) MasakoT / 2014.6.3

キイロトラカミキリの特徴(とくちょう)

黄色い(きいろい)(からだ)黒い(くろい)模様(もよう)があるきれいなトラカミキリの一種(いっしゅ)倒れ(たおれ)()伐採(ばっさい)した()忙し(いそがし)そうに歩き(あるき)まわることが多い(おおい)ですが、クリやリョウブなどの(はな)にもやってきます。幼虫(ようちゅう)枯れ(かれ)()食べ(たべ)ます。
  
大き(おおき)さ:体長(たいちょう)13~19mm
食べ物(たべもの)幼虫(ようちゅう)枯れ(かれ)() 成虫(せいちゅう)(はな)花粉(かふん)など
成虫(せいちゅう)()られる時期(じき):5~8(つき)
分布(ぶんぷ)本州(ほんしゅう)四国(しこく)九州(きゅうしゅう)南西諸島(なんせいしょとう)