ケヤキハフクロフシ(ケヤキヒトスジワタムシ)

ケヤキの()にできる小さな(ちいさな)(ふくろ)のような(むし)こぶ

  • ()(ひょう)にある(むし)こぶ。
    千葉(ちば)(けん)船橋(ふなばし)() / 撮影(さつえい) MasakoT / 2018.4.26

  • アブラムシが(むし)こぶの(なか)育つ(そだつ)
    千葉(ちば)(けん)習志野(ならしの)() / 撮影(さつえい) MasakoT / 2020.4.21

ケヤキハフクロフシ(ケヤキヒトスジワタムシ)の特徴(とくちょう)

ケヤキの()にできる()のついた(ふくろ)のような(むし)こぶ。(むし)こぶはケヤキヒトスジワタムシというアブラムシが作っ(つくっ)たもので、アブラムシはこの(むし)こぶの(なか)育ち(そだち)ます。(むし)こぶは住み(すみ)かでもあり食べ物(たべもの)でもあり、「お菓子(おかし)(いえ)」のようなもの。6月(ろくがつ)(ごろ)成虫(せいちゅう)になったアブラムシは脱出(だっしゅつ)して、ササ(るい)移り(うつり)晩秋(ばんしゅう)になるとまたケヤキに戻り(もどり)ます。アブラムシは世代(せだい)変え(かえ)て、ケヤキとササを行っ(おこなっ)たり()たり、複雑(ふくざつ)生活(せいかつ)をしています。
 

()られる()