()紹介(しょうかい)

ケヤキ

ほうきを逆さ(さかさ)立て(たて)たようなきれいな(かたち)()

()自己(じこ)紹介(しょうかい)

日本(にっぽん)代表(だいひょう)(てき)広葉樹(こうようじゅ)一つ(ひとつ)です。
ほうき逆さ(さかさ)にしたような()(かたち)美しく(うつくしく)街路(がいろ)(じゅ)(がいろじゅ)として沢山(たくさん)植え(うえ)られています。
ケヤキの木材(もくざい)は、固く(かたく)丈夫(じょうぶ)なうえに木目(もくめ)狂い(くるい)がなくて美しい(うつくしい)ということで、様々(さまざま)生活(せいかつ)用品(ようひん)にも使わ(つかわ)れてきました。お寺(おてら)神社(じんじゃ)建物(たてもの)にも多く(おおく)使わ(つかわ)れ、京都(きょうと)清水寺(きよみずでら)本堂(ほんどう)はケヤキ(ざい)使っ(つかっ)て400(ねん)(まえ)建て(たて)られたものです。

以下(いか)情報(じょうほう)は、関東(かんとう)地方(ちほう)基準(きじゅん)にしています。エリアによって1ヶ月(かげつ)くらいの()があります。

()(がた)

(おうぎ)(かたち)またはほうきを逆さ(さかさ)にしたような(かたち)特徴(とくちょう)があります。(ふゆ)()落ちる(おちる)特に(とくに)分かり(わかり)やすく、遠く(とおく)から()てもケヤキだと分かり(わかり)ます。
太い(ふとい)(みき)をしていますが、(えだ)細かく(こまかく)繊細(せんさい)です。

  • (ふゆ)()落ちる(おちる)()(かたち)分かり(わかり)やすい
    千葉(ちば)()(みどり)()/撮影(さつえい)MayaN/2020.2.23

  • 立派(りっぱ)()多い(おおい)
    千葉(ちば)(けん)習志野(ならしの)()/撮影(さつえい)MayaN/2020.8.4

  • 赤く(あかく)紅葉(こうよう)(こうよう)する()黄色く(きいろく)黄葉(こうよう)(こうよう)する()がある
    千葉(ちば)()中央(ちゅうおう)()/撮影(さつえい)EijiI/2013.11.16

  • 並木道(なみきみち)によく植え(うえ)られている
    京都(きょうと)()左京(さきょう)()/撮影(さつえい)MayaN/2018.11.8

()

()(えん)(ふち)に丸み(まるみ)のある切れ込み(きれこみ)入っ(はいっ)ています。

  • 新緑(しんりょく)美しい(うつくしい)
    千葉(ちば)()美浜(みはま)()/撮影(さつえい)MayaN/2020.4.30

  • (あか)黄色(きいろ)色づく(いろづく)()美しい(うつくしい)
    千葉(ちば)(けん)習志野(ならしの)()/撮影(さつえい)MasakoT/2020.11.19

(はな)

雄花(おばな)雌花(めばな)同じ(おなじ)()咲き(さき)ます。()大きい(おおきい)のに(はな)小さく(ちいさく)見つけ(みつけ)づらいです。

  • 雄花(おばな)(おばな)は小さな(ちいさな)(はな)()付け根(つけね)咲く(さく)
    撮影(さつえい)庭木(にわき)図鑑(ずかん)植木(うえき)ペディア

  • 雌花(めばな)(めばな)
    撮影(さつえい)庭木(にわき)図鑑(ずかん)植木(うえき)ペディア

()

実は(じつは)()一緒(いっしょ)落ち(おち)ます。()をプロペラがわりにして(かぜ)にのって遠く(とおく)飛ばさ(とばさ)れます。

  • 小さな(ちいさな)()(えだ)直接(ちょくせつ)ついている
    千葉(ちば)(けん)習志野(ならしの)()/撮影(さつえい)MasakoT/2020.11.17

  • 実は(じつは)()のついた(えだ)ごと飛ん(とん)でいく
    千葉(ちば)(けん)習志野(ならしの)()/撮影(さつえい)MasakoT/2020.11.17

(みき)

樹皮(じゅひ)は、独特(どくとく)なウロコ(じょう)にはがれます。

  • 東京(とうきょう)()(みなと)()/撮影(さつえい)MayaN/2020.9.30

関わり(かかわり)深い(ふかい)生き物(いきもの)

初夏(しょか)(なつ)、ウンモンスズメという緑色(りょくしょく)のきれいなガが()られます。ヤノナミガタチビタマムシという小さな(ちいさな)甲虫(かぶとむし)()食べる(たべる)ことで(なつ)()(いろ)茶色(ちゃいろ)になり、()落ち(おち)てしまうことがあります。ニレハムシも()全体(ぜんたい)()食い荒らす(くいあらす)ことがあります。

  • ウンモンスズメ(大型(おおがた)) スズメガの仲間(なかま)
    千葉(ちば)(けん)船橋(ふなばし)()/撮影(さつえい)MasakoT/2020.5.3

  • ウンモンスズメ幼虫(ようちゅう) ケヤキの()食べる(たべる)()につのがある。
    千葉(ちば)(けん)習志野(ならしの)()/撮影(さつえい)MasakoT/2018.10.1

  • ヤノナミガタチビタマムシ(2.5-4mm) 成虫(せいちゅう)幼虫(ようちゅう)ともに()食べる(たべる)
    千葉(ちば)(けん)市川(いちかわ)()/撮影(さつえい)MasakoT/2017.5.16

  • ニレハムシ(6.5~6.9mm) 成虫(せいちゅう)幼虫(ようちゅう)ともに()食べる(たべる)
    千葉(ちば)(けん)習志野(ならしの)()/撮影(さつえい)MasakoT/2018.8.12

  • (ふゆ)樹皮(じゅひ)(うら)にはいろいろな(むし)がいる
    千葉(ちば)(けん)習志野(ならしの)()/撮影(さつえい)MasakoT/2019.3.5

名前(なまえ)由来(ゆらい)

木目(もくめ)(もくめ)の美し(うつくし)さから、(むかし)言葉(ことば)できわだっていることを意味(いみ)する「けやけし」から名付け(なづけ)られたと言わ(いわ)れています。