トベラキジラミ

トベラにいる小さな(ちいさな)セミのようなキジラミ

  • トベラの()(うら)にたくさんの成虫(せいちゅう)
    東京(とうきょう)()江戸川(えどがわ)() / 撮影(さつえい) MasakoT / 201.5.9

  • おしりに白い(しろい)ひものようなロウ物質(ぶっしつ)をつけた幼虫(ようちゅう)(むし)メガネで見る(みる)とおもしろい。
    千葉(ちば)()美浜(みはま)() / 撮影(さつえい) MasakoT / 2022.2.1

トベラキジラミの特徴(とくちょう)

キジラミはアブラムシやカイガラムシに近い(ちかい)仲間(なかま)になります。トベラキジラミの(からだ)緑色(りょくしょく)で、越冬(えっとう)()茶色(ちゃいろ)になります。幼虫(ようちゅう)白い(しろい)ロウ物質(ぶっしつ)をお(しり)につけて集団(しゅうだん)生活(せいかつ)をしており、新芽(しんめ)若葉(わかば)(しる)吸っ(すっ)ています。トベラにキジラミがいると、若葉(わかば)巻か(まか)れて縮ん(ちぢん)だようになります。成虫(せいちゅう)(ふゆ)越し(こし)ますが、暖かい(あたたかい)(ところ)では幼虫(ようちゅう)でも(ふゆ)越し(こし)ます。
  
大き(おおき)さ:体長(たいちょう)2~3mm
食べ物(たべもの):トベラの新芽(しんめ)若葉(わかば)(しる)
成虫(せいちゅう)()られる時期(じき):3~10(つき)
分布(ぶんぷ)本州(ほんしゅう)四国(しこく)九州(きゅうしゅう)南西諸島(なんせいしょとう)

()られる()