ニワトコドクガ

ドクガの仲間(なかま)だけど、 かわいい雰囲気(ふんいき)

  • 茶色(ちゃいろ)丸い(まるい)(もん)がある。
    写真(しゃしん) / 2019.8.5 千葉(ちば)(けん)成田(なりた)() MasakoT

  • カマツカの()食べ(たべ)ている幼虫(ようちゅう)(どく)はない。
    写真(しゃしん) / 2019.7.19 千葉(ちば)(けん)君津(きみつ)() MayaN

特徴(とくちょう)

クリーム(しょく)(ぜん)ばねにワンポイントの茶色(ちゃいろ)(もん)があるドクガの仲間(なかま)茶色(ちゃいろ)(もん)には個体(こたい)()があります。 成虫(せいちゅう)幼虫(ようちゅう)ともに(どく)はなく、 成虫(せいちゅう)(くち)退化(たいか)しており(なに)食べ(たべ)ません。 (MT)
 
大き(おおき)さ : 開張(かいちょう)30~42mm
食べ物(たべもの) : 幼虫(ようちゅう)はニワトコ、 カマツカ、 ズミなどの()
成虫(せいちゅう)()られる時期(じき) : 6~9(つき)
分布(ぶんぷ) : 本州(ほんしゅう)四国(しこく)九州(きゅうしゅう)

正確(せいかく)(しゅ)判定(はんてい)は、 形態(けいたい)細部(さいぶ)まで見る(みる)必要(ひつよう)があります。 ​

()られる()