ヌルデミミフシ(ヌルデシロアブラムシ)

ヌルデにできる(みみ)のような(かたち)(むし)こぶ

  • (あき)になると、()当たる(あたる)ところでは、赤く(あかく)きれいな(いろ)になる。
    千葉(ちば)(けん)東金(ひがしかな)() / 撮影(さつえい) MasakoT / 2021.10.28

  • (むし)こぶの(なか)にはアブラムシがびっしり。
    千葉(ちば)(けん)東金(ひがしかな)() / 撮影(さつえい) MasakoT / 2021.10.28

  • (むし)こぶの出っ張っ(でっぱっ)部分(ぶぶん)開き(ひらき)、アブラムシが脱出(だっしゅつ)しているところ。
    千葉(ちば)(けん)東金(ひがしかな)() / 撮影(さつえい) MasakoT / 2021.10.28

  • アブラムシが脱出(だっしゅつ)した(むし)こぶは(あな)がたくさんあいている。
    千葉(ちば)(けん)東金(ひがしかな)() / 撮影(さつえい) MasakoT / 2021.10.28

ヌルデミミフシ(ヌルデシロアブラムシ)の特徴(とくちょう)

ヌルデの複葉(ふくよう)(つばさ)((がら)のひれのようなもの)にできる、ヌルデシロアブラムシが作っ(つくっ)(むし)こぶ。10(つき)中旬(ちゅうじゅん)~11(つき)初め(はじめ)、アブラムシは(むし)こぶから脱出(だっしゅつ)し、(ふゆ)()は、チョウチンゴケというコケで過ごし(すごし)ます。(むし)こぶはタンニンを多く(おおく)含み(ふくみ)、インクの材料(ざいりょう)や「おはぐろ」として利用(りよう)されました。

()られる()