フジハムシ

フジを食べる(たべる)(くろ)(あか)丸っこい(まるっこい)ハムシ

  • フジの()食べる(たべる)
    写真(しゃしん) / 2023.4.28 東京(とうきょう)()八王子(はちおうじ)()

  • (あたま)(ぜん)(むね)(くろ)(うえ)翅(じょうし)が(あか)っぽいツートンカラー。 触角(しょっかく)もツートンカラー。
    写真(しゃしん) / 2020.5.28 千葉(ちば)(けん)習志野(ならしの)() MasakoT

  • つやがあり、 丸っこい(まるっこい)
    写真(しゃしん) / 2020.4.19 千葉(ちば)(けん)習志野(ならしの)() MasakoT

特徴(とくちょう)

(あたま)(むね)黒色(こくしょく)で、 (うえ)翅は(あか)っぽいハムシ。 (うえ)翅が黒く(くろく)なるのもおり、 変異(へんい)()られます。 成虫(せいちゅう)はフジの新芽(しんめ)芽吹く(めぶく)とあらわれ、 ()食べ(たべ)始め(はじめ)ます。
 
大き(おおき)さ : 体長(たいちょう)4.5~6.0mm
食べ物(たべもの) : 幼虫(ようちゅう)成虫(せいちゅう)ともにフジやハリエンジュなどの()
成虫(せいちゅう)()られる時期(じき) : 4~7(つき)(成虫(せいちゅう)越冬(えっとう))
分布(ぶんぷ) : 北海道(ほっかいどう)本州(ほんしゅう)四国(しこく)九州(きゅうしゅう)

正確(せいかく)(しゅ)判定(はんてい)は、 形態(けいたい)細部(さいぶ)まで見る(みる)必要(ひつよう)があります。 ​

()られる()