ウスオエダシャク

(ほん)(すじ)黒い(くろい)(もん)があるガ

  • 目立た(めだた)ないが3(ほん)(せん)がある。
    千葉(ちば)()若葉(わかば)() / 撮影(さつえい) MasakoT / 2020.9.2

  • 鱗粉(りんぷん)落ち(おち)模様(もよう)がはっきりしない。
    千葉(ちば)(けん)松戸(まつど)() / 撮影(さつえい) MasakoT / 2019.9.17

ウスオエダシャクの特徴(とくちょう)

金色(きんいろ)の3(ほん)(すじ)黒い(くろい)(もん)があるエダシャクの一種(いっしゅ)。はねの(いろ)変化(へんか)がありそれぞれ違い(ちがい)ます。
   
大き(おおき)さ:開張(かいちょう)20~25mm
食べ物(たべもの)幼虫(ようちゅう)はマメ()(ヤマハギ、マルバハギ、ヤハズソウ、メドハギなど)の()
成虫(せいちゅう)()られる時期(じき):5~9(つき)
分布(ぶんぷ)全国(ぜんこく)