はなもく散歩道(さんぽみち)紹介(しょうかい)

21世紀(せいき)(もり)広場(ひろば)試験(しけん)運用(うんよう)

千葉(ちば)(けん)松戸(まつど)()

はなもく散歩道(さんぽみち)とは

散歩道(さんぽみち)」とは、はなもく散歩(さんぽ)導入(どうにゅう)されている緑地(りょくち)指し(さし)ます。

Googleマップで場所を確認

みんなの投稿(とうこう)

緑地(りょくち)管理(かんり)(しゃ)
松戸(まつど)()
Webサイト
https://www.city.matsudo.chiba.jp/shisetsu-guide/kouen_ryokuka/top/index.html
21世紀(せいき)(もり)(みどり)公園(こうえん)は、縄文(じょうもん)時代(じだい)()東京(とうきょう)(わん)呼ば(よば)れる海底(かいてい)、もしくは沿岸(えんがん)()であったと思わ(おもわ)れます。(おか)(うえ)には、縄文(じょうもん)(じん)住み着い(すみつい)集落(しゅうらく)(あと)らしき場所(ばしょ)認め(みとめ)られました。現在(げんざい)縄文(じょうもん)竪穴(たてあな)(しき)住居(じゅうきょ)のサンプルが構築(こうちく)されています。 大和(やまと)朝廷(ちょうてい)支配(しはい)及ん(およん)だ6世紀(せいき)には、下総(しもうさ)(こく)となり、「(うま)津里(つのさと)」「松里(まつざと)」と呼称(こしょう)されました。平安(へいあん)時代(じだい)末期(まっき)には上総(かつさ)(かい)であった菅原(すがわら)(たかし)(しるべ)(むすめ)の「更級(さらしな)日記(にっき)」に松戸(まつど)周辺(しゅうへん)通行(つうこう)した記録(きろく)残さ(のこさ)れています。江戸(えど)時代(じだい)になると、小金(こがね)(まき)連なる(つらなる)台地(だいち)となり、台地(だいち)(がけ)(せん)から沁み(しみ)だす(ゆう)(すい)(おき)積層(せきそう)原野(げんや)潤し(うるおし)千駄堀(せんだぼり)形成(けいせい)しました。 自然(しぜん)植生(しょくせい)(てき)には、(だん)温帯(おんたい)常緑樹(じょうりょくじゅ)(りん)属し(ぞくし)、シラカシ・スダジイ(とう)のシイ・カシ(りん)、ケヤキ・エノキ・ミズナラ(とう)樹木(じゅもく)優先(ゆうせん)しています。低湿(ていしつ)()には、ヤナギ・ハンノキ(とう)河畔(かはん)(りん)形成(けいせい)されていました。東京(とうきょう)()のベッドタウンとなる(まえ)に、この貴重(きちょう)自然(しぜん)守る(まもる)べく、「千駄堀(せんだぼり)自然(しぜん)守り(まもり)育てる(そだてる)」ことを基本(きほん)理念(りねん)として、1993(ねん)4(つき) に「21世紀(せいき)(もり)(みどり)公園(こうえん)」としてオープンされました。

この散歩道(さんぽみち)()られる() (18(しゅ))

この散歩道(さんぽみち)()られる生き物(いきもの) (139(しゅ))

タップすると一覧(いちらん)()られます

データを読み込ん(よみこん)でいます...

散歩(さんぽ)(ちゅう)注意(ちゅうい)する生き物(いきもの) (4(しゅ))