サツマキジラミ

シャリンバイの(しる)吸う(すう)キジラミ

  • メス。(むね)(あか)っぽい。()近づける(ちかづける)とピョンと飛ぶ(とぶ)
    千葉(ちば)()美浜(みはま)() / 撮影(さつえい) MasakoT / 2019.5.30

  • 交尾(こうび)手前(てまえ)(むね)黒い(くろい)のがオスで(おく)がメス。
    千葉(ちば)(けん)習志野(ならしの)() / 撮影(さつえい) MasakoT / 2020.4.15

  • 幼虫(ようちゅう)大小(だいしょう)幼虫(ようちゅう)集団(しゅうだん)()られる。
    千葉(ちば)()美浜(みはま)() / 撮影(さつえい) MasakoT / 2021.12.2

サツマキジラミの特徴(とくちょう)

キジラミはセミをうんと小さく(ちいさく)したような昆虫(こんちゅう)で、カメムシの仲間(なかま)になります。幼虫(ようちゅう)成虫(せいちゅう)()(しる)吸っ(すっ)ています。北上(ほくじょう)(ちゅう)のキジラミで、(まち)(ちゅう)公園(こうえん)道路(どうろ)わきのシャリンバイで多く(おおく)()られます。
  
大き(おおき)さ:体長(たいちょう)1.7~2.3mm
食べ物(たべもの)幼虫(ようちゅう)成虫(せいちゅう)ともにシャリンバイの(しる)
成虫(せいちゅう)()られる時期(じき):4~10(つき)
分布(ぶんぷ)本州(ほんしゅう)四国(しこく)九州(きゅうしゅう)南西諸島(なんせいしょとう)

()られる()