アシブトハナアブ

よく(はな)やって来る(やってくる)馴染み(なじみ)のハナアブ

  • 大きな(おおきな)複眼(ふくがん)
    2019.5.4 / 千葉(ちば)(けん)習志野(ならしの)() / 撮影(さつえい) MasakoT

  • (むね)にはたて(すじ)がある。
    2018.9.23 / 東京(とうきょう)()八王子(はちおうじ)() / 撮影(さつえい) MasakoT

  • (はな)(みつ)をなめている。
    2020.4.15 / 千葉(ちば)(けん)習志野(ならしの)() / 撮影(さつえい) MasakoT

  • ()(うえ)でひなたぼっこ。
    2022.10.31 / 千葉(ちば)(けん)市川(いちかわ)() / 撮影(さつえい) MasakoT

  • (くろ)()(がた)黒っぽい(くろっぽい)のもいる。
    2022.10.29 / 千葉(ちば)(けん)船橋(ふなばし)() / 撮影(さつえい) MasakoT

アシブトハナアブの特徴(とくちょう)

(むね)にたて(すじ)があるハナアブ。あしは黒く(くろく)、ももの部分(ぶぶん)太く(ふとく)なっています。都市(とし)周辺(しゅうへん)でも普通(ふつう)()られ、いろいろな(はな)やって来(やってき)ます。幼虫(ようちゅう)下水(げすい)(かん)などの水中(すいちゅう)育ち(そだち)、シュノーケルのような長い(ながい)呼吸(こきゅう)(すが)をもち「オナガウジ」と呼ば(よば)れます。(MT)
 
大き(おおき)さ:12~16mm
食べ物(たべもの)幼虫(ようちゅう)水中(すいちゅう)腐食(ふしょく)(ぶつ) 成虫(せいちゅう)(はな)(みつ)花粉(かふん)など
成虫(せいちゅう)()られる時期(じき):3~11(つき)(成虫(せいちゅう)越冬(えっとう))
分布(ぶんぷ)北海道(ほっかいどう)本州(ほんしゅう)四国(しこく)九州(きゅうしゅう)

正確(せいかく)(たね)判定(はんてい)は、形態(けいたい)細部(さいぶ)まで見る(みる)必要(ひつよう)があります。​