アオズムカデ

青っぽく(あおっぽく)触角(しょっかく)とあしが黄色い(きいろい)ムカデ

  • アオズムカデ
    撮影(さつえい) NobuhiroY

アオズムカデの特徴(とくちょう)

昆虫(こんちゅう)(るい)やミミズを食べ(たべ)ます。大きな(おおきな)アゴは(あし)進化(しんか)したものです。農業(のうぎょう)(めん)からいろいろな害虫(がいちゅう)捕食(ほしょく)する益虫(えきちゅう)です。林内(りんない)倒木(とうぼく)(いし)(した)などに生息(せいそく)しています。(あし)は21(たい)あります。
  
成体(せいたい)()られる時期(じき):4~10(つき) 成体(せいたい)越冬(えっとう)

アオズムカデの注意(ちゅうい)(てん)

咬ま(かま)れると大きな(おおきな)アゴから毒液(どくえき)注入(ちゅうにゅう)激痛(げきつう)走り(はしり)赤く(あかく)腫れ(はれ)、リンパ(ぶし)(えん)起こす(おこす)可能(かのう)(せい)も。

()られる散歩道(さんぽみち)