ムササビ

里山(さとやま)代表(だいひょう)する生きもの(いきもの)

  • ()(あな)から周り(まわり)様子(ようす)をうかがっている。
    那須(なす)(まち) / 撮影(さつえい) TomokiN / 2022/05/04

  • 昼間(ひるま)()(あな)(なか)にいる。
    那須(なす)(まち) / 撮影(さつえい) TomokiN / 2022/05/04

  • 滑空(かっくう)様子(ようす)
    那須(なす)(まち) / 撮影(さつえい) TomokiN / 2022/05/04

ムササビの特徴(とくちょう)

里山(さとやま)などで夜間(やかん)()(じょう)滑空(かっくう)する姿(すがた)()られる生きもの(いきもの)です。
リスの仲間(なかま)で、前足(まえあし)後ろ足(うしろあし)()にある被膜(ひまく)使っ(つかっ)()から()へに滑空(かっくう)して移動(いどう)しています。夜行(やこう)(せい)動物(どうぶつ)で、ほぼ日没(にちぼつ)から(やく)30(ふん)()()から()活動(かつどう)始め(はじめ)ます。
()は、天然(てんねん)(じゅ)(ほら)(「うろ」とも言う(いう)。)又は(または)人工(じんこう)(ぶつ)すき間(すきま)巣箱(すばこ)屋根裏(やねうら)戸袋(とぶくろ)(とう))につくります。
 
大き(おおき)さ:(あたま)(どう)(ちょう)30~45cm、尾長(おなが)30~40cm 体重(たいじゅう) (やく)1kg
食べ物(たべもの)広葉樹(こうようじゅ)針葉樹(しんようじゅ)の、()()(はな)やつぼみ、木の実(このみ)(たま)(はて)(まつぼっくり)、キノコ(とう)
()られる時期(じき)時間(じかん):1(ねん)(ちゅう)夜間(やかん)観察(かんさつ)日没(にちぼつ)から(やく)30(ふん)程度(ていど)()から出る(でる)(とき)()やすい。