ヘビノネゴザ

その()もヘビが寝る(ねる)のに適し(てきし)敷物(しきもの)!?

  • この()広げ(ひろげ)ている様子(ようす)()ござなんだとか。
    2022.5.15 / 千葉(ちば)(けん)松戸(まつど)() 21世紀(せいき)(もり)広場(ひろば) / 撮影(さつえい) S.Ikeda

  • 尖り(とがり)気味(ぎみ)切れ込ん(きれこん)でいる()特徴(とくちょう)
    撮影(さつえい) S.Ikeda

  • 標高(ひょうこう)高い(たかい)場所(ばしょ)にもよく生える(はえる)
    細長い(ほそながい)()もよく()られる。
    2022.9.27 / 秋田(あきた)(けん)美郷(みさと)(まち) 真昼岳(まひるだけ) / 撮影(さつえい) S.Ikeda

  • 1つの大きな(おおきな)切れ込み(きれこみ)(()(かた))。
    全体(ぜんたい)(てき)尖り(とがり)気味(ぎみ)
    2022.7.29 / 千葉(ちば)(けん)松戸(まつど)() 21世紀(せいき)(もり)広場(ひろば) / 撮影(さつえい) S.Ikeda

  • 胞子(ほうし)のう(ぐん)(せん)(じょう)だったりカマ(じょう)曲がっ(まがっ)たりする。
    2022.7.29 / 千葉(ちば)(けん)松戸(まつど)() 21世紀(せいき)(もり)広場(ひろば) / 撮影(さつえい) S.Ikeda

  • 葉柄(ようへい)鱗片(りんぺん)中央(ちゅうおう)栗色(くりいろ)でフチの(いろ)淡い(あわい)
    これはヘビノネゴザの大切(たいせつ)特徴(とくちょう)
    2022.6.18 / 千葉(ちば)(けん)松戸(まつど)() 21世紀(せいき)(もり)広場(ひろば) / 撮影(さつえい) S.Ikeda

  • 若葉(わかば)渦巻き(うずまき)鱗片(りんぺん)にも注目(ちゅうもく)
    2022.6.18 / 千葉(ちば)(けん)松戸(まつど)() 21世紀(せいき)(もり)広場(ひろば) / 撮影(さつえい) S.Ikeda

ヘビノネゴザの特徴(とくちょう)

(おも)山地(さんち)でよく()られるシダで、比較的(ひかくてき)標高(ひょうこう)高い(たかい)(ところ)にもよく()られます。シダの(なか)でも名前(なまえ)一際(ひときわ)変わっ(かわっ)ていて、(いち)か所(かしょ)から()広げる(ひろげる)姿(すがた)がヘビがとぐろを巻い(まい)休む(やすむ)ための()茣蓙(ござ)(ねござ)に例え(たとえ)られたことに由来(ゆらい)しています。一方(いっぽう)で、銅山(どうざん)のような重金属(じゅうきんぞく)多い(おおい)地帯(ちたい)にもよく生える(はえる)ことから別名(べつめい)をカナヤマシダといいます。こっちの(ほう)名前(なまえ)としてしっくりくる()がしますね…。(SI)
 
学名(がくめい):Athyrium yokoscense
分類(ぶんるい):メシダ()メシダ(ぞく)
大き(おおき)さ:およそ30cmほど
観察(かんさつ)時期(じき)(はる)~(あき)((なつ)(みどり)(せい))
生育(せいいく)場所(ばしょ)山地(さんち)林内(りんない)にごくふつう
分布(ぶんぷ)北海道(ほっかいどう)九州(きゅうしゅう)

正確(せいかく)(たね)判定(はんてい)は、形態(けいたい)細部(さいぶ)まで見る(みる)必要(ひつよう)があります。​