ヤワラシダ

やわらかさよりは(いろ)独特(どくとく)

  • 独特(どくとく)(あお)緑色(りょくしょく)特徴(とくちょう)
    千葉(ちば)(けん)松戸(まつど)() 21世紀(せいき)(もり)広場(ひろば) / 撮影(さつえい) S.Ikeda / 2022.7.31

  • ”ヒメシダ(さん)姉妹(しまい)”では中間(ちゅうかん)サイズ。
    撮影(さつえい) S.Ikeda

  • 若い(わかい)()(いろ)黄色(きいろ)っぽい。
    千葉(ちば)(けん)松戸(まつど)() 21世紀(せいき)(もり)広場(ひろば) / 撮影(さつえい) S.Ikeda / 2021.6.15

  • 一番(いちばん)()切れ込み(きれこみ)基部(きぶ)縮まる(ちぢまる)
    (ハリガネワラビと共通(きょうつう)特徴(とくちょう))
    千葉(ちば)(けん)松戸(まつど)() 21世紀(せいき)(もり)広場(ひろば) / 撮影(さつえい) S.Ikeda / 2022.5.15

  • ()(さき)(けん)のように長く(ながく)伸びる(のびる)のも特徴(とくちょう)
    千葉(ちば)(けん)松戸(まつど)() 21世紀(せいき)(もり)広場(ひろば) / 撮影(さつえい) S.Ikeda / 2022.7.31

  • 胞子(ほうし)のう(ぐん)中央(ちゅうおう)(みゃく)とフチの中間(ちゅうかん)につく。
    (ハシゴシダは(あたり)(えん)寄り(より))
    千葉(ちば)(けん)松戸(まつど)() 21世紀(せいき)(もり)広場(ひろば) / 撮影(さつえい) S.Ikeda / 2022.7.31

  • 葉脈(ようみゃく)()(さき)届か(とどか)ない。
    (ハシゴシダとハリガネワラビは届く(とどく))
    千葉(ちば)(けん)松戸(まつど)() 21世紀(せいき)(もり)広場(ひろば) / 撮影(さつえい) S.Ikeda / 2022.7.31

  • 下部(かぶ)の裂片には波状(はじょう)鋸歯(きょし)がある。
    ()(じく)()(りょう)個体(こたい)()がある。
    千葉(ちば)(けん)松戸(まつど)() 21世紀(せいき)(もり)広場(ひろば) / 撮影(さつえい) S.Ikeda / 2022.7.31

  • 葉柄(ようへい)黒っぽい(くろっぽい)
    千葉(ちば)(けん)松戸(まつど)() 21世紀(せいき)(もり)広場(ひろば) / 撮影(さつえい) S.Ikeda / 2022.7.31

  • 若葉(わかば)
    千葉(ちば)(けん)松戸(まつど)() 21世紀(せいき)(もり)広場(ひろば) / 撮影(さつえい) S.Ikeda / 2022.4.10

ヤワラシダの特徴(とくちょう)

低地(ていち)林内(りんない)でよく()られる(なつ)(みどり)(せい)のシダです。和名(わめい)()がやわらかいことに由来(ゆらい)しますが、()たシダでやらかい(しゅ)はたくさんあるので(たね)区別(くべつ)にはなりません。むしろ独特(どくとく)(あお)緑色(りょくしょく)(ほう)特徴(とくちょう)です。よく()身近(みぢか)なシダに同属(どうぞく)ハシゴシダハリガネワラビがあり、まとめて”ヒメシダ(さん)姉妹(しまい)”なる愛称(あいしょう)があったりします。(SI)
 
学名(がくめい):Thelypteris laxa
分類(ぶんるい):ヒメシダ()ヒメシダ(ぞく)
大き(おおき)さ:およそ30cmくらい
観察(かんさつ)時期(じき)(はる)(あき)((なつ)(みどり)(せい))
生育(せいいく)場所(ばしょ)(てい)(やま)林内(りんない)にふつう
分布(ぶんぷ)本州(ほんしゅう)九州(きゅうしゅう)