ヘビキノコモドキ

()のだんだら模様(もよう)はへびの模様(もよう)

  • コナラやクヌギなどの近く(ちかく)群生(ぐんせい)するヘビキノコモドキ。
    2016.9.9 / 千葉(ちば)(けん)野田(のだ)() / 撮影(さつえい) 大作(たいさく)晃一(こういち)

  • (かさ)のは表面(ひょうめん)は、(くら)褐色(かっしょく)のいぼが付着(ふちゃく)する。
    2016.9.9 / 千葉(ちば)(けん)野田(のだ)() / 撮影(さつえい) 大作(たいさく)晃一(こういち)

  • (かさ)はひらくと、いぼはひびわれる。
    2016.9.9 / 千葉(ちば)(けん)野田(のだ)() / 撮影(さつえい) 大作(たいさく)晃一(こういち)

  • ひだは白色(はくしょく)
    2016.9.9 / 千葉(ちば)(けん)野田(のだ)() / 撮影(さつえい) 大作(たいさく)晃一(こういち)

  • ()表面(ひょうめん)はだんだら模様(もよう)膜質(まくしつ)のつばをもつ。
    2016.9.9 / 千葉(ちば)(けん)野田(のだ)() / 撮影(さつえい) 大作(たいさく)晃一(こういち)

  • ()()もとはふくらみ、つぼはいぼ(じょう)破片(はへん)環状(かんじょう)にならぶ。
    2016.9.9 / 千葉(ちば)(けん)野田(のだ)() / 撮影(さつえい) 大作(たいさく)晃一(こういち)

ヘビキノコモドキの特徴(とくちょう)

(かさ)表面(ひょうめん)は、褐色(かっしょく)のいぼがひびわれてついてます。
()のだんだら模様(もよう)は、へびの模様(もよう)をおもわせます。
 
大き(おおき)さ:(かさ)直径(ちょっけい)は4~12.5cm
生える(はえる)時期(じき)(なつ)(あき)
生える(はえる)場所(ばしょ):コナラ、クヌギ、シラカシ、スダジイなどのブナ()樹木(じゅもく)近く(ちかく)

正確(せいかく)(たね)判定(はんてい)は、形態(けいたい)細部(さいぶ)まで見る(みる)必要(ひつよう)があります。​

()られる散歩道(さんぽみち)

執筆(しっぴつ)協力(きょうりょく) : 大作(たいさく)晃一(こういち)