オツネントンボ

真冬(まふゆ)氷点下(ひょうてんか)生きぬく(いきぬく)細身(ほそみ)のトンボ

  • メス。暖かい(あたたかい)()にはフワリフワリと飛ぶ(とぶ)
    2022.9.29 / 長野(ながの)(けん)諏訪(すわ)(ぐん) / 撮影(さつえい) MasakoT

  • メス。
    2022.9.29 / 長野(ながの)(けん)諏訪(すわ)(ぐん) / 撮影(さつえい) MasakoT

  • メス。(えだ)になりきり、目立た(めだた)ない。
    2022.9.29 / 長野(ながの)(けん)諏訪(すわ)(ぐん) / 撮影(さつえい) MasakoT

  • オス。
    2022.9.29 / 長野(ながの)(けん)諏訪(すわ)(ぐん) / 撮影(さつえい) MasakoT

オツネントンボの特徴(とくちょう)

平地(ひらち)山地(さんち)植物(しょくぶつ)生え(はえ)ている(いけ)(ぬま)()られるアオイトトンボの仲間(なかま)成虫(せいちゅう)越冬(えっとう)する北方(ほっぽう)(けい)のトンボ。6~8(つき)現れ(あらわれ)たトンボは、(ふゆ)越し(こし)翌年(よくねん)の6月頃(つきごろ)姿(すがた)消し(けし)ます。(からだ)(しょく)(はる)になってもほとんど変わら(かわら)地味(じみ)なままです。(MT)
 
大き(おおき)さ:体長(たいちょう)37~41mm
食べ物(たべもの)幼虫(ようちゅう)はミジンコ、ボウフラ、水生(すいせい)昆虫(こんちゅう)など 成虫(せいちゅう)昆虫(こんちゅう)など
成虫(せいちゅう)()られる時期(じき):3~12(つき)(成虫(せいちゅう)越冬(えっとう)(ふゆ)でも気温(きおん)上がる(あがる)活動(かつどう)する。)
分布(ぶんぷ)北海道(ほっかいどう)本州(ほんしゅう)四国(しこく)九州(きゅうしゅう)

正確(せいかく)(たね)判定(はんてい)は、形態(けいたい)細部(さいぶ)まで見る(みる)必要(ひつよう)があります。​

()仲間(なかま)との見分け(みわけ)(かた)

ホソミオツネントンボ()ています。
ホソミオツネントンボは、はねを閉じ(とじ)たとき、(ぜん)ばねと()ばねの(えん)(もん)重なり(かさなり)ます。
オツネントンボは、はねを閉じ(とじ)たとき、(ぜん)ばねと()ばねの(えん)(もん)重なり(かさなり)ません。

  • (えん)(もん)重なり(かさなり)(むね)模様(もよう)違い(ちがい)識別(しきべつ)