ヤマエンゴサク

次郎(じろう)坊さん(ぼうさん)のご親戚(しんせき)

  • (あわ)青色(あおいろ)(はな)
    写真(しゃしん) / 2019.4.14 茨城(いばらき)(けん)筑波(つくば)(さん) htanaka

  • 紅紫(こうし)(しょく)(はな)多い(おおい)。 ジロボウエンゴサクによく()ている。
    写真(しゃしん) / 2014.4.13 茨城(いばらき)(けん)筑波(つくば)(さん) htanaka

  • (はな)(した)(くき)にある(つと)()(さき)に3~5裂の切れ込み(きれこみ)があるのが見分け(みわけ)のポイント。
    写真(しゃしん) / 2014.4.13 茨城(いばらき)(けん)筑波(つくば)(さん) htanaka

  • ()は2~3(かい)3()複葉(ふくよう)でジロボウエンゴサクより細長い(ほそながい)ことが多い(おおい)が、 個体(こたい)()がある。
    写真(しゃしん) / 2018.4.22 茨城(いばらき)(けん)筑波(つくば)(さん) htanaka

特徴(とくちょう)

ジロボウエンゴサク同じく(おなじく)スプリング・エフェメラル((はる)植物(しょくぶつ))です。 (はな)(いろ)()(かたち)には変異(へんい)がありますが、 (くき)にある(つと)()切れ込み(きれこみ)があるので見分け(みわけ)られます。 ジロボウエンゴサクより、 やや山地(さんち)()られることが多い(おおい)です。
 
タイプ : ケシ()キケマン(ぞく)多年草(たねんそう)
大き(おおき)さ : (たか)さ 10-20cm、 (はな)(なが)さ1.5~2.5㎝
(はな)時期(じき) : 4-5(つき)
生育(せいいく)場所(ばしょ) : (やま)林内(りんない)(はやし)(ゆかり)
分布(ぶんぷ) : 本州(ほんしゅう)四国(しこく)九州(きゅうしゅう) 朝鮮半島(ちょうせんはんとう)中国(ちゅうごく)東北(とうほく)

正確(せいかく)(しゅ)判定(はんてい)は、 形態(けいたい)細部(さいぶ)まで見る(みる)必要(ひつよう)があります。 ​

執筆(しっぴつ)協力(きょうりょく) : 田中(たなか)ひとみ