ハチモドキハナアブ

ハチにそっくり!樹液(じゅえき)好き(すき)なハナアブ

  • オス。複眼(ふくがん)がくっつく。
    写真(しゃしん) / 2023.6.7 千葉(ちば)()若葉(わかば)() MasakoT

  • 樹液(じゅえき)やって来る(やってくる)
    写真(しゃしん) / 2023.7.12 千葉(ちば)()若葉(わかば)() MasakoT

  • オス。
    写真(しゃしん) / 2022.8.15 千葉(ちば)()若葉(わかば)() MasakoT

  • メス。オスにくらべて複眼(ふくがん)()があいている。
    オスもメスも触角(しょっかく)長い(ながい)
    写真(しゃしん) / 2020.6.8 千葉(ちば)()若葉(わかば)() MasakoT

特徴(とくちょう)

姿(すがた)飛び(とび)(かた)もドロバチにそっくりなハナアブ。黒色(こくしょく)で、(こし)細く(ほそく)くびれ、腹部(ふくぶ)には2(ほん)黄色い(きいろい)(おび)があります。成虫(せいちゅう)はクヌギなどの樹液(じゅえき)集まり(あつまり)樹皮(じゅひ)(した)産卵(さんらん)します。(MT)
 
大き(おおき)さ:体長(たいちょう)15~17mm
食べ物(たべもの)成虫(せいちゅう)はクヌギなどの樹液(じゅえき)
成虫(せいちゅう)()られる時期(じき):6~9(つき)
分布(ぶんぷ)本州(ほんしゅう)四国(しこく)九州(きゅうしゅう)

正確(せいかく)(しゅ)判定(はんてい)は、形態(けいたい)細部(さいぶ)まで見る(みる)必要(ひつよう)があります。​

()られる()