イチゴハムシ

タデやイチゴの()食べる(たべる)小さな(ちいさな)ハムシ

  • 茶色(ちゃいろ)小さな(ちいさな)ハムシ。
    写真(しゃしん) / 2017.8.18 千葉(ちば)(けん)市川(いちかわ)() MasakoT

  • (ぜん)(むね)()がない部分(ぶぶん)があり、 (うえ)翅(じょうし)の先端(せんたん)丸い(まるい)
    写真(しゃしん) / 2018.3.27 千葉(ちば)()若葉(わかば)() MasakoT

  • 成虫(せいちゅう)
    写真(しゃしん) / 2023.6.1 千葉(ちば)(けん)松戸(まつど)() MasakoT

  • 成虫(せいちゅう)
    写真(しゃしん) / 2017.8.18 千葉(ちば)(けん)市川(いちかわ)() MasakoT

  • 黄色い(きいろい)(からだ)黒い(くろい)模様(もよう)がある幼虫(ようちゅう)
    写真(しゃしん) / 2017.8.258 千葉(ちば)()若葉(わかば)() MasakoT

特徴(とくちょう)

タデ()植物(しょくぶつ)につく小さな(ちいさな)ハムシ。 オランダイチゴの()食べ(たべ)ます。 (ぜん)(むね)真ん中(まんなか)がなめらかで()がないことが特徴(とくちょう)です。
 
大き(おおき)さ : 体長(たいちょう)3.7~5.2mm
食べ物(たべもの) : 幼虫(ようちゅう)成虫(せいちゅう)ともにのタデ()植物(しょくぶつ)(ギシギシ、 スイバ、 ミゾソバなど)、 オランダイチゴなどの()
成虫(せいちゅう)()られる時期(じき) : 4~11(つき)(成虫(せいちゅう)越冬(えっとう))
分布(ぶんぷ) : 全国(ぜんこく)

正確(せいかく)(しゅ)判定(はんてい)は、 形態(けいたい)細部(さいぶ)まで見る(みる)必要(ひつよう)があります。 ​