イノコヅチカメノコハムシ

脱皮(だっぴ)(から)をくっつけるトゲトゲ幼虫(ようちゅう)

  • 薄茶(うすちゃ)(しょく)楕円(だえん)(がた)(からだ)周り(まわり)(はん)透明(とうめい)
    写真(しゃしん) / 2017.6.16 千葉(ちば)(けん)習志野(ならしの)() MasakoT

  • 交尾(こうび)
    写真(しゃしん) / 2020.5.11 千葉(ちば)(けん)習志野(ならしの)() MasakoT

  • 触角(しょっかく)淡い(あわい)黄色(きいろ)
    写真(しゃしん) / 2024.5.30 千葉(ちば)()若葉(わかば)() MasakoT

  • 樹皮(じゅひ)(うら)越冬(えっとう)(ちゅう)
    写真(しゃしん) / 2023.1.17 千葉(ちば)()中央(ちゅうおう)() MasakoT

  • 樹皮(じゅひ)(うら)越冬(えっとう)(ちゅう)
    (うえ)翅後(かた)黒い(くろい)(もん)がない。
    写真(しゃしん) / 2023.1.17 千葉(ちば)()中央(ちゅうおう)() MasakoT

  • ()昆虫(こんちゅう)仲良く(なかよく)越冬(えっとう)
    写真(しゃしん) / 2020.11.17 千葉(ちば)(けん)習志野(ならしの)() MasakoT

  • トゲトゲの幼虫(ようちゅう)
    写真(しゃしん) / 2021.6.22 千葉(ちば)()若葉(わかば)() MasakoT

  • 幼虫(ようちゅう)脱皮(だっぴ)(から)をいくつもつけている。
    写真(しゃしん) / 2021.6.24 千葉(ちば)(けん)習志野(ならしの)() MasakoT

特徴(とくちょう)

イノコヅチの()(うえ)()られるハムシ。 (からだ)楕円(だえん)(がた)周り(まわり)(はん)透明(とうめい)幼虫(ようちゅう)はトゲトゲで、 お(しり)(ほう)脱皮(だっぴ)(から)積み重ね(つみかさね)てくっつけます。 ヒメカメノコハムシと()ていますが、 (ほん)(しゅ)は、 (うえ)翅(じょうし)後方(こうほう)黒い(くろい)(もん)がありません。
 
大き(おおき)さ : 体長(たいちょう)5~5.5mm
食べ物(たべもの) : 幼虫(ようちゅう)成虫(せいちゅう)ともにイノコヅチの()
成虫(せいちゅう)()られる時期(じき) : 4~9(つき)(成虫(せいちゅう)越冬(えっとう))
分布(ぶんぷ) : 本州(ほんしゅう)四国(しこく)九州(きゅうしゅう)

正確(せいかく)(しゅ)判定(はんてい)は、 形態(けいたい)細部(さいぶ)まで見る(みる)必要(ひつよう)があります。 ​