マツバラン

古典(こてん)園芸(えんげい)有名(ゆうめい)なシダ

  • ()(みき)岩場(いわば)生える(はえる)
    写真(しゃしん) / 2022.6.5 沖縄(おきなわ)(けん)石垣(いしがき)(とう) S.Ikeda

  • アカギの(みき)着生(ちゃくせい)
    寄生(きせい)しているわけではない。
    写真(しゃしん) / 2022.6.5 沖縄(おきなわ)(けん)石垣(いしがき)(とう) S.Ikeda

  • 濃い(こい)緑色(りょくしょく)(かぶ)
    (えだ)は2(また)繰り返す(くりかえす)
    写真(しゃしん) / 2023.3.24 沖縄(おきなわ)(けん)恩納(おんな)(むら) S.Ikeda

  • メッシュフェンスのすき間(すきま)にて。
    おそらく野生(やせい)()したもの。
    写真(しゃしん) / 2023.6.18 東京(とうきょう)()(みなと)() S.Ikeda

  • 鉢植え(はちうえ)での栽培(さいばい)(かぶ)
    写真(しゃしん) / 2024.2.7 千葉(ちば)(けん)佐倉(さくら)() くらしの植物(しょくぶつ)(えん)(栽培(さいばい)) S.Ikeda

  • (えだ)丸い(まるい)胞子(ほうし)のう(ぐん)をつける。
    写真(しゃしん) / 2024.2.7 千葉(ちば)(けん)佐倉(さくら)() くらしの植物(しょくぶつ)(えん)(栽培(さいばい)) S.Ikeda

  • 胞子(ほうし)のう(ぐん)拡大(かくだい)
    3つ合わさっ(あわさっ)単体(たんたい)胞子(ほうし)のう(ぐん)をつくる。
    写真(しゃしん) / 2024.2.7 千葉(ちば)(けん)佐倉(さくら)() くらしの植物(しょくぶつ)(えん)(栽培(さいばい)) S.Ikeda

  • (えだ)拡大(かくだい)
    小さな(ちいさな)()痕跡(こんせき)(てき)についている。
    写真(しゃしん) / 2023.6.18 東京(とうきょう)()(みなと)() S.Ikeda

特徴(とくちょう)

漢字(かんじ)松葉(まつば)(らん)書く(かく)、マツの()のような(かたち)をした植物(しょくぶつ)。ランとついてますがシダの仲間(なかま)で、(はな)咲き(さき)ません。(えだ)多数(たすう)分岐(ぶんき)させた途中(とちゅう)球形(きゅうけい)胞子(ほうし)のう(ぐん)多く(おおく)つけます。
 
(えだ)(なが)さ:10~30cm
観察(かんさつ)時期(じき)一年中(いちねんじゅう)(常緑(じょうりょく)(せい))
生える(はえる)場所(ばしょ)山地(さんち)樹幹(じゅかん)岩場(いわば)など
分布(ぶんぷ)日本(にっぽん)(本州(ほんしゅう), 四国(しこく), 九州(きゅうしゅう), 琉球(りゅうきゅう), 小笠原(おがさわら)), 世界(せかい)熱帯(ねったい)亜熱帯(あねったい)広域(こういき)

正確(せいかく)(しゅ)判定(はんてい)は、形態(けいたい)細部(さいぶ)まで見る(みる)必要(ひつよう)があります。​

古典(こてん)園芸(えんげい)(こてんえんげい)

日本(にっぽん)江戸(えど)時代(じだい)にかけては、愛好(あいこう)()によって一部(いちぶ)植物(しょくぶつ)がたくさん品種(ひんしゅ)改良(かいりょう)されました。オモトやサクラソウ、イワヒバ、そしてマツバランなどから園芸(えんげい)品種(ひんしゅ)作ら(つくら)れ、総じて(そうじて)古典(こてん)園芸(えんげい)植物(しょくぶつ)といわれます。1836(ねん)の「松葉(まつば)(らん)()」や1848(ねん)の「竺蘭伝来(でんらい)富貴(ふうき)(そう)」などにはマツバランの多く(おおく)園芸(えんげい)品種(ひんしゅ)育て(そだて)(かた)載せ(のせ)られました。
 
しかし、その影響(えいきょう)もあってか採取(さいしゅ)されやすく、野生(やせい)(かぶ)大きく(おおきく)(かず)減らし(へらし)ました。2020(ねん)環境省(かんきょうしょう)レッドリストでは(じゅん)絶滅(ぜつめつ)危惧(きぐ)(しゅ)(NT)に指定(してい)されています。ただ、胞子(ほうし)から増え(ふえ)やすいようで、栽培(さいばい)(かぶ)から野生(やせい)()したものが都市(とし)()られることもあります。